医療費倍額負担はあまりにもひど過ぎる!

 菅義偉政府は14日、首相官邸で全世代型社会保障検討会議を開き、75歳以上の医療費窓口負担を2022年度後半から単身世帯で年収200万円以上の人を、現行の1割から2割に引き上げる方針を15日に閣議決定する。

 対象者は約370万人。夫婦ともに75歳以上の場合、年収が計320万円以上で該当する。 (以上 時事通信)

*********************

 これだと、定年退職後の年金暮らしの大半が対象となる。

 これまでも年金の中から驚くほど差し引かれた。介護保険や後期高齢者医療保険をはじめ、所得税、復興特別所得税、住民税を天引き。

 日本年金機構から2カ月に一度、通知が来るたびに手取りの少なさにガッカリしている。

 その上、医療費の窓口負担がいまの1割から倍額の2割となれば家計は大変だ。

 私の場合、診察、と言ってもパソコンの画面に映し出した数字を見ての問診だが、それに薬代を含め毎月平均、1万円前後支払っている。

 年に換算すると12万円だ。倍になれば24万円。これに通院のための交通費を含めるとさらに出費がかさむ。

 倍額負担はあまりにもひど過ぎる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント