サクラ疑惑、安倍氏は「自らの言葉で説明を」と野田聖子!

 安倍晋三は小選挙区制と言う「高い城壁」に守られて独裁をほしいままにしてきた。

 歯向かえば公認を取り消され、役職にも就けず、選挙資金も止められる恐れがあった。

 ところが、首相退陣に追い込まれ、「高い城壁」が音を立てて一気に崩れ落ちた。

 何の権限もない「裸の王様」の安倍晋三を恐れる必要はない。

 自民幹事長代行の野田聖子はサクラ疑惑について、「安倍晋三氏は自らの言葉で説明責任果たすべきだ」と29日のNHK討論番組で公然と要求した。

 沈黙を続けた検察も、「桜を見る会」前夜祭の捜査に乗り出した。

 サクラ疑惑は典型的な安倍晋三による「国家の私物化」「権力の私物化」である。

 果たしてどこまで解明が進むのか? 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント