示談成立で調子に乗った?強姦魔の元ミスター慶応!

 「示談成立で調子に乗ったのか」と日刊ゲンダイ。それによると、さいたま市のカラオケ店などで強姦したとして無職の元ミスター慶応こと渡辺陽太(24)と職業不詳の光山和希(24)が今月20日、埼玉県警大宮署に逮捕された。これで逮捕6回。

 2人は去年3月24日深夜、JR大宮駅東口で20代女性に声を掛けカラオケ店に連れ込んだ。そこで午前2~5時の間、まず渡辺が女性を強姦。

 午前5時40分ごろ、今度は光山が女性の腕を引っ張ってインターネットカフェに入り、強姦した。

 「ミスター慶応だった渡辺は18年9月29日早朝にはJR横浜駅近くで女子大生に声を掛け、雑居ビルに連れ込み、踊り場で強姦した。

 その後、タクシーに乗せ、移動先の路上で引き倒し、頭と腹に蹴りを食らわせ、通報で駆け付けた警察官に現行犯逮捕された。

 以来、余罪が次々と明らかになり、準強制性交(強姦)、準強制わいせつ、昏睡強盗、窃盗の疑いで神奈川県警に5回逮捕されている。

 ところが横浜地検は19年1月、渡辺と光山、一部事件で共謀した4人全員を不起訴処分とした。今回の犯行は、そのわずか2カ月後のことである。

 当時、慶大2年だった渡辺と光山は酒が入ると渋谷に繰り出し、女を引っ掛け、もうやりたい放題。

 渡辺のスマホには強姦の一部が記録されていたが、それでも不起訴になった。示談が成立したとみられている。それでさらに調子に乗った。

 渡辺は最初の逮捕当時、東京・港区の麻布十番駅徒歩5分の超高級マンションに住んでいた。

専有面積200平方メートルで、家賃は100万円以上する外国人向けに建設された物件だ。

 渡辺の祖父は60年ほど前に上京し、一代で総資産100億円超の土木関係のグループ企業を築き上げ、複数の事業を親族らに継がせている。渡辺の父親もそのひとり。

 渡辺は「弁護士が来るまで何も話さない」とダンマリを決め込んでいる。今回も逃げ切れると踏んでいるのだろうか。彼らを許したら、また性被害者が増えるばかりだ。

******************

 渡辺は、大企業の重役でも住めないような超豪華マンションを根城に光山ら「慶応ヤリマン軍団」と日夜、セックスに耽っていた。

 彼らは「この世の中はすべてカネで片が付く」と世間をなめてかかっている。成り上がり者の家庭によくみられるパターンだ。

 慶応にはこの種の若者が数多く巣くっている。性犯罪が異常に多過ぎるのが何よりの証拠だ。大学として根本的なところに問題があるのではないか?「たくさん塾債を買ってくれる」と甘やかしてはいないだろうか?

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント