飯塚幸三は反社・ヤクザにも劣る卑劣漢と元刑事!

 元神奈川県警刑事で犯罪ジャーナリストの小川泰平が、旧通産省工業技術院の元院長、飯塚幸三(89)を「反社(ヤクザ)にも劣る卑劣な男」と非難した。

 飯塚は去年4月、時速100キロ近いスピードで車を運転。東京・池袋の青信号の交差点を自転車で渡っていた31歳の母と3歳の女児を跳ね飛ばし命を奪った。ほかに9人が重軽傷を負った。

 飯塚幸三は事故後の事情聴取で「パニック状態となり、アクセルとブレーキを踏み間違えたかもしれない」などと運転操作の誤ちを認めていた。運転ミスを認めたため、証拠隠滅の恐れもないとして逮捕されなかった。

 ところが、「のど元過ぎれば熱さ忘れる」と、10月8日の初公判では一転して起訴事実を否認した。「アクセルを踏み続けたことはない。車に何らかの異常が生じ、暴走した疑いがある」と、自分には責任がなく、悪い荷は車だと言わんばかりに、運転車両の不具合を理由に無罪を主張した。

 この豹変ぶりに元刑事の小川が怒った。「飯塚の態度は『反社以下』です。ヤクザであっても、取り調べで事実を認めれば、公判でも認めるのが普通」とヤクザにも劣る卑劣な男を激しく批判した。

 「上級国民」どころか飯塚幸三は「下等国民」以下の、人の生き血を吸って生きながらえるヒルのような人間だ。

 ワル知恵だけが働く、典型的なゲスである。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント