今から気になるのは年の瀬のクリスマスや忘年会!

 気が付けば早、クリスマスや正月用のおせちの話題が登場する季節となった。

 そうした中で飲食業やタクシー、ホテルなど宿泊業界にとって、気になるのは「クリスマス・パーティー」や「忘年会」だ。

 会社の同僚や友達が集って「カンパーイ」とやる場面は、「密集、密接、密閉」の3密の典型。新型コロナウイルスの感染リスクは心配ないのか?

 先日、スーパーコンピューターの「富岳」が実験データを公表したところでは、正面に座るより臨席でのおしゃべりが最も感染の確率が高いとの結果が出た。正面の5倍だった。

 コロナで自粛となれば、首をつらなければならないと業者たちは戦々恐々だ。

***********************
毎日新聞が報じた。

 ある地銀関係者も「Go Toキャンペーンの効果は限定的だ。年末にかけて老舗の料亭などを含めて飲食業の廃業増大が懸念される」と心配顔でいる。

 飲食業にとって、仕入れ代金もさることながら、家賃負担が重たいが、政府の家賃支援給付金を申請してもなかなか実行されない状況が改善されずにいる。

 そのため、支給された持続化給付金が減ってギリギリだという事業者が少なくない。そのうえ暮れの稼ぎ時が空振りだったら、事業者が受ける精神的なショックは計り知れない。

つづきはここをクリック
https://mainichi.jp/premier/business/articles/20201016/biz/00m/020/002000c

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント