麻生太郎、二階俊博ら老人が日本をまだ牛耳ろうというのか?

 自民党は1日の総務会で、安倍晋三の首相(党総裁)の後継を選ぶ自民党総裁選について、党員投票を省略して両院議員総会で選出することを決めた。

 出席者から異論が続出したが、執行部が押し切った。自民党幹事長の二階俊博らが密室で決めた菅義偉選びは「初めに結論」ありきだ。

 こうした強引な「談合政治」で、猛威を振るう新型コロナウイルスや想像を絶する巨額赤字の経済を立て直すことが出来るのだろうか?

 二階俊博、麻生太郎、菅義偉ら老人が、この日本をまだ牛耳ろうというのか? 

 自民党に若手はいないのか?みんな派閥のボスのひと声で動くロボットなのか?

 菅義偉は、あす夕に記者会見し、立候補を表明する。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント