親世代でもまともに「読めない、知らない」は恥!

 歯舞、色丹、国後、択捉の読み方はもとより、これらの北方4島がわが国固有の領土であることを知らない若者が多い。

 親世代でもまともに「読めない、知らない」のだから情けない。こうした基本的な問題を知らないとは恥ずかしいことだ。

 これについて担当大臣となった河野太郎が次のように言った。

*******************

 共同通信によると、河野太郎沖縄北方担当相は27日、北海道根室市の納沙布岬から対岸にある北方領土・歯舞群島を視察した。

 担当相に就任後初めて。その後「若い世代に問題を認識してもらう必要がある」と記者団に述べ、ツイッターなど会員制交流サイト(SNS)を活用した啓発を進める意向を表明した。

 河野氏は祖父の河野一郎元農相、父の洋平元外相も領土交渉を担った経緯に触れ「ロシアとの平和条約交渉を進め、問題を早期に解決しなければいけない」と訴えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント