にわかに活気づく自民党! ポスト争いで血眼の親分衆!

 新総裁(首相)が決まる前から自民党内で幹事長や官房長官など主要ポストを巡ってチャンチャンバラバラが始まった。

 菅義偉首相は確定済みとばかり、各派の親分たちが蠢き出した。

 本当なら自民党が政権を投げ出すので野党が堂々と政権奪還で動くのが筋だが、野党第一党の立憲民主党はごらんの通りの体たらく。奪還どころの騒ぎではない。

 もっとも、国民もあきらめ気味で、野党には期待していないようだ。野党の堕落が自民党政権を支えていると言っていい。

**************************
にわかに活気づく自民党について時事通信が報じた。

 自民党総裁選は8日の告示を待たずに菅義偉官房長官優位の構図が固まり、党内では早くも党役員・閣僚人事をめぐるさや当てが始まった。

 菅氏支持を真っ先に打ち出した二階俊博幹事長は続投確実との見方が広がる中、二階派と、その突出を快く思わない細田、麻生、竹下の主要3派による主導権争いの様相を呈している。

 興味がある向きはここをクリック
https://www.jiji.com/jc/article?k=2020090100608&g=pol

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント