中国人民解放軍の戦闘機18機が台湾の防空識別圏に侵入!

 日本の周辺で緊張を高める共産中国。香港の次は台湾を狙っている。

 サラミを一枚ずつ切り取るように、徐々にエスカレートさせ、目的を達成する「サラミ戦法」が中国共産党の常とう手段である。

 中国人民解放軍の戦闘機18機が台湾の防空識別圏に侵入した。台湾海峡での軍事演習だと中国。

 クラック米国務次官が李登輝元総統の追悼告別式に参列するため台湾入りしているさ中の挑発行為だ。

*******************

 ブルームバーグによると、中国人民解放軍が18日、台湾海峡で軍事演習を行った。国防省の任国強報道官は人民解放軍東部戦区が台湾海峡で演習を開始すると発表していた。人民解放軍による正当な行動だと主張した。

 台湾国防部(国防省)は18日午後のツイートで、中国軍機18機が台湾海峡の中間線を越え、台湾南西の防空識別圏(ADIZ)に侵入したと発表した。

 台湾空軍が戦闘機をスクランブル発進させ防空ミサイルシステムを展開したと説明した。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント