「れいわ新選組」が「命の選別」の大西つねき除籍!

 「れいわ新選組」が、「命の選別」とあってはならない発言をした大西つねき(恒樹)を除籍した。当然である。

 とにかく、これでノドにつかえていた小骨が取れ、すっきりした。

 私が山本太郎に望むのは、大西は「自分から声をかけた人物」と処分を躊躇していたが、公党の代表と言うことを忘れないでもらいたい。

 一瞬の躊躇が予期せぬ波紋を広げることを忘れないでもらいたい。

 「冷たい」のと「決断」は違う。リーダーには果敢な決断が必要だ。

 ともあれ最大の懸案が解決した。

 GoToキャンペーンに見られるように、支離滅裂な政権が続いている。寸分も予断は許されない。解散がささやかれている。政権打倒にむけ、山本太郎には先頭に立ってもらいたい。引き続き応援する。

************************

 共同通信によると、「れいわ新選組」は16日、総会を国会内で開き、少子高齢化対策として「命の選別」が必要だと発言した党メンバーの大西恒樹氏を除籍処分にすると決めた。山本太郎代表が記者会見で明らかにした。

 国政選挙への擁立が想定されていた大西氏は7月上旬、インターネット上に公開した動画で「命を選別しないと駄目だ」「高齢の方から逝ってもらうしかない」と発言した。

 山本氏は「今回の発言は非常に重く、許されるものではない」と強調。重い身体障害がある木村英子参院議員が同席し「命の選別は絶対に許してはいけない。社会全体の問題だ」と訴えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント