コロナは「陰性」でも倦怠感や頭痛、湿疹の後遺症!

 新型コロナウイルスは「陰性」になったと言っても、倦怠感や頭痛、湿疹など大きな影響が残るようだ。

 過去に例を見ない疫病。いまだに原因が不明のままのナゾの伝染病だ。怖ろしい話である。コロナ後遺症のニュースは数日前にNHKでもやっていた。

*********************
 毎日新聞によると、当初よりも性質や症状などの情報が出てきたとはいえ、まだまだ分からないことが多い新型コロナウイルス。

 大きな疑問の一つが、感染者は陰性となった後、順調に回復しているかだ。4月上旬に感染し、5月上旬に陰性となった男性(21)は、今も倦怠(けんたい)感や頭痛、手足の湿疹、嗅覚障害などの症状に悩まされている。

 新型コロナの「後遺症」はまだ明確になっていないが、警鐘を鳴らす学会や医師も出てきている。男性と識者に聞いた。

 「退院してもずっとだるくて大学も休学している。陰性になっても症状が続く人がいることを知ってほしい」。男性は千葉県の大学に通うため、同県内で1人暮らししていたが、現在は生活に介助が必要と医師に言われ、実家で生活している。

 男性は4月1日に発症。38度近く発熱し、2日には38.5度まで上がり、3日には40度を超えた。

 4日、約8時間保健所に電話をかけ続けやっとつながったが、この日が土曜日だったため月曜に連絡してほしいと言われた。

 下痢や嘔吐(おうと)、血痰(けったん)症状も加わったため、6日に近くの内科を受診。PCR検査を受けることになり、翌日に陽性との連絡を受けた。  

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント