自民党と日本共産党のどちらが政権党か?

 安倍政権は、習近平中国にどうしてこうも、「おっかなびっくり」なのか? 

 外交は言うべきことはハッキリという。そうでないと相手に軽く見られて舐められる。

 英国やフランスも日本同様に中国と経済交流を続ける。

 だが、中国による香港版「治安維持法」である国家安全法に対しては明確な物言いをしている。

 日本共産党は早々と非難声明を出している。どっちが政権党だか分からない。

 二階俊博は自民党内の中国ロビーストとして知られている人物だ。

*************************
(敬称略)

 時事通信によると、自民党は7日、中国による香港統制を強める「香港国家安全維持法」を非難する決議をまとめた。

 習近平の国賓来日について「中止を要請せざるを得ない」と明記。中国とのパイプを持つ自民党幹事長の二階俊博の反発を踏まえ、原案より抑制的な表現に修正した。

 政策責任者として決議を後押しした政調会長の岸田文雄との亀裂が浮き彫りになった。

 外交部会などの役員会は当初、「中止を要請する」との原案をまとめた。しかし、その後、二階派議員を中心に「その一言が独り歩きする。修正すべきだ」と異論が噴出。一方、保守系議員らは「中国には厳しく対峙すべきだ」と主張し、議論が紛糾した。

 二階、岸田が7日、会談の結果、決議は党の総意ではなく、外交部会などによるものと位置付けることを確認した。

「新たな時代の友好関係構築に向け、中国への強い働き掛けを要請する」との表現を盛り込み、日中友好の重要性にも配慮した。

 

 
 
 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント