共産党委員長が天安門事件31年で中国を批判!

 日本共産党の志位和夫委員長は4日の記者会見で、中国当局が民主化運動を武力弾圧した天安門事件から31年を迎えたことに関し「いまなお中国指導部には反省がない」と批判した。

 香港やチベット人、イスラム教徒の少数民族ウイグル族への抑圧的な措置が続いているとして「民主主義の抑圧、人権弾圧は決して容認しない」とも述べた。

 天安門事件について「平和的な抗議活動に対する弾圧は絶対に許さない。この立場に変わりはない」と強調。

 中国政府が犠牲者の追悼活動を押さえ込んでいる現状を念頭に「事件の記憶を封印しようという動きは大きな問題だ」と非難した。 (以上 産経)

***********************

 ことしも、NHKが日本時間の4日正午すぎに海外向けテレビ放送で、天安門事件に関するニュースを伝えた際、画面が真っ黒になり、放送が約2分間にわたって中断された。

 中国では「天安門事件」と、「文化大革命」は今もタブーで、共産中国の歴史から抹殺されたまま。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント