百害あって一利なしのトランプと習近平の存在!

 大野章さんがフェイスブックに投稿した。これが全文。

 最近のCNN世論調査によると、11月の米大統領選挙の投票先でバイデン民主党候補がトランプ氏を大きくリードしている。

 このままトランプが落選し、米大統領が交代することを強く望む。

 アメリカ合衆国は選挙があるので、全世界に多大の危害を及ぼしているトランプを代えることができる。

 ところが、香港市民の人権抑圧の習近平は、一党独裁の国家なので、なかなか代えることが出来なく悩ましい。

 トランプ、習近平の退陣を望むことは、決して“内政干渉”ではない。

 この2つの政権の害悪はいまや大きな国際問題である。

 尚、安倍政権を退陣させ、新しい政権をつくることは我々日本人の内政問題で、その責任は日本の有権者のみにある。

 無知無恥の安倍首相には世界的影響なんて何もない。だから我々日本人は自らの力で安倍政権を打倒しなければならない。  (以上)

**********************

 お説、ごもっともである。トランプと習近平の存在がどれほど世界を混乱させ、不安に陥れているか計り知れない。

 賢明で良識がある日本人は皆、そう思っている。彼らの言動に無関心であってはならない。

 同時に、安倍晋三の「処理」も忘れてはならない。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント