東京株式は30年ぶりの大暴落! 1800円超の下げ幅!

 米国FRBは12日、新型ウイルスに伴う金融市場の混乱を避けるために、金融機関同士が資金融通し合う短期市場に1兆5000億ドル(約160兆円)の資金供給と発表した。

 しかし、効果はなかった。

 これを受けたけさの東京株式市場は30年ぶりの大暴落となった。

********************

 13日午前の東京株式市場は、新型コロナウイルス感染症への危機感から、投資家の売り注文が加速し日経平均株価(225種)は暴落した。

 下げ幅は一時1800円を超え、約30年ぶりの大きさとなった。

 平均株価は2016年11月以来、3年4カ月ぶりに1万7000円を割り込んだ。

 前日の米ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は前日比の下落率が約1割となった。

 1987年10月の大暴落「ブラックマンデー(暗黒の月曜日)」以来約32年5カ月ぶりの大きさとなり、東京市場ものみ込まれた。 (以上 共同通信)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 9

面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント