テーマ:英国

日本と英国、どっちが正解か?「言わずもがな」だ!

 感染拡大の途中で、日本は緊急事態宣言を解除するなど規制を次々緩和。  東京五輪を来月に控え、海外からの「見た目」を少しでも良くしたいとの五輪関係者の思惑が働いた。危険を承知で危ない橋を渡った。  これに対して英国はどうか? 今月20日に解除する予定だったロックダウン(都市封鎖)を、コロナの感染再拡大を受けて4週間延期した。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国、インド変異株の感染拡大で都市封鎖の解除延期!

 英国BBCによると、ジョンソン首相は14日、コロナの感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)の解除を4週間延期すると発表した。 英国では13日、新たに7490人が感染。新規感染報告の7日間平均は、前の7日間に比べて49%増加した。  現在、重症化が確認されているのはワクチンを打っていない人、あるいは1度しか打っていない人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染死ゼロの英国、陽性率劇的ダウンのNY!

 ブルームバーグによると、英国では1日、新型コロナウイルス感染症による新たな死者がゼロとなった。  検査で陽性が確認されてから28日以内に死亡した人がいなかったのは、コロナのパンデミック(世界的大流行)が始まって以降では初めて。   一方、ニューヨーク(NY)市では5月30日のコロナ陽性率がパンデミック開始以来最低となった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BBC女性司会者が1回目のワクチン接種後に死亡!

 英国の公共放送BBCのラジオ・ニューカッスルで司会を務めていたリサ・ショーさん(44)が今月21日、死亡した。  1回目のワクチン接種後に血栓を発症し、治療を受けていた。基礎疾患はなかったという。  BBCが確認したショーさんの死亡確認証明書では、死因として検討されている可能性のひとつとしてワクチンが挙げられている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英イングランドで10日、コロナ感染死がついにゼロ!

 米国の経済紙、フォーブス(Forbes)によると、英イングランドで10日、コロナ感染による死者がゼロとなった。  また、スコットランドと北アイルランドでも、感染者の死亡は報告されていなかった。  長期にわたって実施してきたロックダウン(都市封鎖)措置の段階的な解除を進める英国にとって、10日はひとつの前向きな節目になったと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国が5月に空母打撃群を日本や韓国、インドへ派遣!

 世界が中国・武漢発のナゾの伝染病に苦しむ中、コロナ禍を幸いに、強権をむき出しにして覇権を強める習近平中国に、欧米各国が警戒を深めている。  香港返還の際、約束した「一国2制度」を踏みにじり、民主派を弾圧する中国共産党政権に英国は、強い怒りを示している。 ******************  英国政府は26日、空母「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカな日本国民と政府は、それが分からない!

 友人とパブでジョッキを傾ける。子供と一緒に動物園見物・・・。英国では日常生活が戻ってきた。  日本は緊急事態宣言の発令→解除、また発令→解除・・・。これからも繰り返すつもりだ。  こうして、経済どころか、光が見えない闇に包まれ、国民の生きる力が次第に失せていく。  この「負の連鎖」を断ち切るために、日本列島全体を20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界を軍拡へ向かわせる中国!英国が核の増強表明!

 毎年、驚異的な軍備増強を繰り返し、宇宙まで制覇せんとする中国共産党政権。  こうした習近平中国の目指す「世界一の軍事大国」への道が、再び世界を軍拡競争へと向かわせている。  核兵器禁止条約が発効し「核なき世界」を目指す国際社会に背を向ける動きは、世界の歴史を過去に戻そうとしているかのようだ。 ************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

若者にコロナを「感染させる実験」が近くスタート!

 英国で凄い実験をが始めるという。若者をわざとコロナに感染させて、その後の様子を観察するというのだ。ワクチン開発などに役立てる。 *********************  【ロンドン共同】英政府は17日、健康な若者らを新型コロナウイルスに意図的にさらし、ウイルスの性質や感染に必要な量などを調べる研究を1カ月以内に開始する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国も中国にコロナ発生初期のデータ公開迫る!

 ジョンソン英首相は14日、米メディアの取材に応じ、新型コロナウイルスの起源解明のための世界保健機関(WHO)による調査で「何が起きたのか正確に知る必要がある」と述べ、中国に発生初期からのデータを公開するよう求めるバイデン米政権への賛同を表明した。英メディアが伝えた。  ジョンソン氏は、動物からヒトに感染したのであれば、起源となる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国の空母打撃群の東アジア派遣を日本歓迎!

 日英両政府は3日、外務・防衛担当閣僚協議(2プラス2)をテレビ会議形式で行った。岸信夫防衛相は英国が最新鋭空母「クイーン・エリザベス」を含む空母打撃群を年内に東アジアに派遣することについて歓迎の意を表明。今後、派遣に合わせた共同訓練の実施に向け調整することで一致した。  岸氏は空母派遣について「防衛協力の強化のみならず、(日本が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療カンパで47億円集めた100歳ムーアさんコロナで死去!

英国のトム・ムーアさんは医療従事者を支援しようと去年4月、100歳の誕生日を前に歩行器を使って自宅の庭を100周歩くことに挑戦。 ネット上で募金を呼びかけ、目標を大きく上回る3200万ポンド余り、日本円で47億円余りが寄せられました。 功績をたたえて去年夏には「ナイト」の爵位が贈られ、エリザベス女王からメダルが手渡されました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療従事者のため47億円の寄付金集めた100歳!

 気が重くなるコロナ禍で、これも文句なしに、皆さんに届けたい話だ。  日本の空から、ムーアさんが1日も早く全快されることを祈っています。  東京新聞が「医療従事者に47億円集めた100歳の退役軍人、新型コロナで入院 英国」の見出しを付けて報じた。 *********************  【ロンドン=藤沢有哉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国が対中包囲網の4カ国連携に参加の方向!

 共同通信によると、日本と米国、インド、オーストラリアによる中国を念頭に置いた4カ国連携の枠組みに、英国が参加する可能性があると複数の英メディアが伝えた。  香港の旧宗主国である英国は、香港民主派弾圧などで中国との対決姿勢を強めており、日米などとの同一歩調を模索しているとみられる。 (以上) ****************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「すべての責任は私にある」とジョンソン英首相!

 コロナで10万人の命が奪われた英国。 「すべての責任は私にある」とジョンソン首相が言った。  日本の安倍晋三や菅義偉にこれだけのことが言えるだろうか? 比べること自体がジョンソンに対して失礼かもしれない。  去年、首相である安倍はコロナの前面に立たず退散、子飼いの西村康稔を盾に使った。彼はもともと経産省の出身で、閣僚ポスト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ回復しても3割再入院、退院後12・3%死亡!

 コロナの衝撃! 回復したからといって安心ではない――。  新型コロナウイルスの感染拡大が続く英国で衝撃の研究結果が発表された。退院した新型コロナ患者の3人に1人が5カ月以内に再入院し、うち8人に1人が亡くなっているというのだ。日刊ゲンダイの衝撃の記事である。  研究論文を発表したのは、英レスター大と国家統計局の研究チーム。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変異種コロナは従来種より「死亡率高い」と英首相!

 CNNによると、ジョンソン英首相は22日、英国で見つかった変異種コロナについて、従来種より致死率が高い可能性があると明らかにした。  ジョンソン氏は記者会見で、「変異種は感染拡大のスピードがより速いだけでなく、より高い死亡率との関連が強い可能性を示す証拠がある」と指摘。そのうえで、英国で現在使われている2種類のワクチンは従来種に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「米民主主義への攻撃」各国首脳が非難とBBC!

 議事堂侵入は「米民主主義への攻撃」各国首脳が非難と、英国BBCが強い怒りをもって報道した。  議会主義、民主主義の破壊者は世界共通の敵だ。絶対に許してはならない。 ****************** BBCが伝えた。  米国の連邦議会で6日午後、トランプ大統領の支持者たちが議事堂に大挙して押し寄せ、「トランプを支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

猛烈な勢いで感染拡大続ける変異種コロナ!

 英政府は2日、新型コロナの1日当たり新規感染者が過去最多の5万7725人に上ったと発表した。  この数字は、変異種コロナの感染力のすごさを物語っている。  日本でも変異種コロナが見つかった。さらなる感染拡大は間違いない。 **************  共同通信によると、英国は昨年12月29日から5日連続で5万…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナの新たな課題が「後遺症」患者は世界で500万人超!

 コロナによる後遺症が新たな世界の関心の的となっている。  英国の免疫学の専門家によると、後遺症に悩む患者は世界で500万人を超えていると推定した。 ****************** 産経のロンドン特派員が報告した。要約して転載する。  新型コロナウイルスの感染後、何カ月も疲労感や体の痛みなどの後遺症に苦しむ患者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

変異種コロナで感染急拡大! 英国で再びロックダウン!

 東京新聞によると、英政府は20日、新型コロナウイルスの変異種によって感染が急拡大したとして、ロンドンを含むイングランド地方南東部で規制を強め、事実上の都市封鎖(ロックダウン)とした。  変異種は従来のウイルスより感染しやすい恐れがあるが、重症になりやすかったり、ワクチンが効きにくいといったことを示すデータはないという。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナの感染再拡大は旅行が原因と英国断定!

 時事通信によると、英スコットランド自治政府のスタージョン首相は9日の記者会見で、今夏以降の新型コロナウイルスの感染再拡大は旅行が原因だったと発表した。  英科学者チームがウイルスの遺伝子配列を解析した結果、夏季の旅行によって英国内外からウイルスがスコットランドに持ち込まれたと結論付けた。  クリスマス休暇を前に、不要不急の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国総領事のとっさの「勇気ある行動」に称賛の嵐!

 中国・重慶で14日、中国人女子大生が足を滑らせて川に転落し溺れていたところ、たまたま現場を通りかかった英国総領事のスティーブン・エリソン氏(61)が川に飛び込んで救助した。  女子大生は川を背景に写真を撮ろうとして転落。もがいていたが、溺れて意識を失い、うつぶせの状態で浮き上がった。これを見たエリソン氏は、その場で川に飛び込み、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人為的にウイルスに感染させる英国のコロナ対策!

 再び世界中で新型コロナウイルスが猛威を振るっている中、各国とも国を挙げてコロナ対策に取り組んでいる。  英国では健康な人に開発中のワクチンを投与したあと、人為的にウイルスに感染させてワクチンの効果などを調べる研究を始めたという。  では具体的にはどんなやり方なのか? 詳しくはここをクリック https://www3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国はすべての国民対象にPCR検査を実施!

 日本では厚労省がかたくなにPCR検査の拡大に反対しているために、いまだにPCR検査は遅々として進まない。  これに対して英国は国民すべてを対象にPCR検査を実施するという。  みんなが安心して外出し、経済を本格化するにはPCR検査の徹底しかないというのだ。 *********************  ニューズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「強い免疫反応を確認」と英製薬大手!ワクチン開発!

 世界が国を挙げて新型コロナウイルスと闘っている。  ワクチン開発も徐々に成果を挙げ始めており、明るい日差しがみ見え出した。  けさは、英国からの朗報である。 **********************  英製薬大手のアストラゼネカは20日、英オックスフォード大学と開発している新型コロナウイルスのワクチンの初…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染者に免疫力がほとんどつかない!

 これが事実なら、厄介なことになる。  新型コロナウイルスに感染しても免疫力がほとんどつかないというのだ。  一度、治ってもまた、感染の恐れがある。 ******************** ニューズウイークが報じた。  新型コロナウイルス感染者の免疫が、短期間で失われる可能性を示す証拠が出てきた。今後の感染拡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

医療従事者のために44億円の寄付集めた100歳!

 ともすればコロナ、コロナで暗くなりがちな世の中で、素敵な話だ。  それにしても1人でこれだけの寄付を集めたとは立派というほかない。  医療従事者のために力になりたいと思った100歳。それに応えた英国民。  よき伝統に育まれた英国という国は、なかなか捨てたものではない。  今の日本国民では到底あり得ない話だ。ただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国政府が国民医療制度にまず30億ポンド!

 ロイターによると、 英政府は新型コロナウイルス感染症が冬季に再流行することを防ぐため、イングランドの国民医療制度に30億ポンド(38億ドル)を投じる方針を示した。  スコットランド、ウェールズ、北アイルランドの国民医療制度にも順次、資金を投じるという。  (以上) **********************  英国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国が最新鋭空母を極東に派遣!中国をけん制!

 民主主義を旧友すす各国が、独裁国家、共産中国の領土・領海拡張の野望を阻止するためにスクラムを組んだ。  中国軍の動きを警戒して英国は最新鋭空母を極東に派遣すると英国の有力紙が伝えた。  はたして習近平中国の暴走に歯止めがかかるのか? 世界の平和、秩序を破壊する共産中国をこのまま放置してはならない。  あまりにも危険過…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more