テーマ:ミャンマー

負傷した仲間を助けに向かった少年、銃撃で死亡!

 クーデターによる国軍政権に市民の抗議が拡大するミャンマーで20日、第2都市の中部マンダレーのデモ参加者が治安部隊による銃撃を受け、10代少年を含む2人が死亡、多数の負傷者が出た。  相次ぐ犠牲者に市民から「私たちは暴力に屈しない」「内政問題ではない。テロリズムだ」と怒りの声が上がり、22日に数百万人規模のゼネスト実施の呼び掛けが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミャンマー!国軍の銃撃でデモ隊の2人が殺された!

 軍事政権に対する反発が一段と強まるミャンマーで、国軍の銃撃でデモ隊の2人が殺された。  国軍への海外からの非難が一層高まるのは確実だ。  この様子をじっと見ているのが「漁夫の利」を狙う民主化に批判的な共産中国である。 **********************  ミャンマー国軍によるクーデターに反対する市民の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミャンマーの丸山大使がビルマ語でデモ参加者と直接対話!

 ミャンマーの丸山市郎・駐日本大使は20日、ミャンマー最大都市ヤンゴンの日本大使館前に訪れたデモ参加者と大使館前で直接対話に応じ、「日本政府はミャンマーの人々の声を無視していません」と強調した。  現地投稿のツイッターやフェイスブックなどには丸山大使が対話する様子が映し出された。日本への期待度がうかがわれる。  現地メディア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミャンマーと日本、どっちが発展途上国なのか?

 今、行動の自由、発言の自由、民主主義がどれほど重要かを教えてくれたミャンマーの人たち。  翻って日本を見るとどうか?  森喜朗があれだけ侮辱的な発言をしても政府、与党は擁護の声で溢れる。市民はネットで「モリ、ヤメロ」と声をあげるかと思いきや、それもない。ただひたすらボヤッと眺めているだけだ。    建設的な意見まで妨げ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抗議の人、人、人で溢れたヤンゴンの中心市街!

 身よ、この人、人、人で溢れたヤンゴンの中心市街。  詳しくはここをクリック https://news.yahoo.co.jp/pickup/6384449  国中に怒りの声がこだました。  ミャンマーと日本はビルマ時代から特別な関係がある。国軍のクーデターを黙って見過ごしていいのか?   モノが言える立場の日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の反対で国連がクーデター非難決議出来ず!

 中国は、国連がミャンマー国軍を非難することに常任理事国として反対した。このため国連安保理は「非難決議」が出せなかった。  強権で民主主義を弾圧することへの反対決議になると必ず横槍を入れるのが中国だ。中国は国際秩序を乱す国連のガンだ。  習近平は去年1月にミャンマーを訪問した際、今回のクーデターを引き起こしたフライン国軍総司…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クーデターの軍総司令官が先月、中国外相と面談と韓国紙!

 韓国の有力紙、中央日報は3日、ミャンマーのアウン・サン・スーチーを拘束し、クーデターを起こしたミン・アウン・フライン国軍総司令官が先月、中国の王毅外相がミャンマーを訪問した際、面談していたと報じた。中央日報はいいフォローをしている。  世界がクーデターを批判する中、中国は沈黙を保っている。  これに関連して、香港紙サウスチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本留学生が多いミャンマー政変に日本は何をしている?

 スー・チー氏率いるミャンマーで1日、国軍がクーデターを起こした。スー・チー氏らが拘束され、世界に衝撃が走った。  これに対し、荒井章さんがフェイスブックにコメントを寄せた。 ①日本への技能実習生、留学生が多いです。 ②ロヒンギャでの惨劇も思い出します。 ③国会議員の何割かを国軍出身者に委ねる中で、アウンサンスーチー女史は非…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミャンマーでクーデター! 全土に非常事態宣言!

 ミャンマーで1日、国軍がクーデターを起こし、スー・チー氏らを拘束した。  行政、立法、司法など全権を軍が掌握した。  総選挙でスー・チー氏が率いるNLDが歴史的大勝を収めたことに、国軍が危機感持ち報復に出たものとみられる。 **********************  【バンコク時事】ミャンマー国軍系テレビは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more