テーマ:電通

電通が五輪「特需」で一転1000億円超える大黒字!

 日経によると、電通グループは2021年12月期(今期)の連結最終損益が1075億円の黒字(前期は1595億円の赤字)になりそうだと11日、発表した。  コロナ禍からの経済活動の回復を背景に上期(1~6月)は国内や海外全地域の業績が大幅に回復した。  下期もこの傾向が続く見通しで、本社ビルの売却益も寄与し、通期で上場来最高益…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり電通がすべて仕切っていた開会式! 道理で!

 開幕直前のギリギリまで不祥事に見舞われた東京五輪。これについてAERAがこう解説した。  今回の騒動は「電通など大手広告代理店へ全て丸投げしたツケです」(組織委関係者)という。  「実際、小林賢太郎を起用したのは、タレントの渡辺直美の『オリンピッグ』案で解任された元電通の佐々木宏。小山田圭吾も佐々木とのつながりで起用された…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

骨の髄まで税金しゃぶり尽くす電通!五輪で二重取り!

 田中龍作の「ワクチン接種会場の建設も電通の不思議」を見て、五輪の内情に詳しい本間龍がツイートした。  さすが電通!PVで40億もらって、それが中止になると、今度はワクチン接種会場設営で37億!  骨の髄まで税金しゃぶり尽くす手際はマジ凄い。繰り返すよ、さすが電通! ******************** 田中龍作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「子供ができたら結婚しよう」と騙し毒牙にかけた男!

 「40歳を前にして、子供が欲しい、結婚したいと強く思うようになり、婚活アプリに登録しました。そこで出会ったのが“X”でした。  本気で結婚するつもりでしたが、まさか私のほかに何人も女性がいて、さらに妻子もいて、経歴も年齢も全てウソだったなんて……。ショックでしばらく立ち直れませんでした」  「子供ができたら結婚しよう」と毎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

妻を含め女性5人と同時進行で性行為の電通絶倫社員!

40代の電通社員。相手の金品や財産を奪っていないので結婚詐欺とは言わないが、稀に見る悪質なスケコマシである。電通は不祥事が多過ぎる。 妻に2人の子どもまで産ませた上に、「子供が出来たら結婚しよう」と結婚願望の女性を次々とダマして、避妊具も付けず、性交に及んだ。 毒牙にかかったのはA子さんとB子さんだけかと思ったら、C子さんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

3000億円規模で電通が本社ビル売却!

 電通が東京都港区の本社ビルを売却する。地上48階建て、高さ約210メートルの超高層ビルの売却額は3000億円規模になるとみられる。  コロナの感染拡大でリモートワークが主体となるなか、売却資金を事業構造改革や成長投資に充てる。  1月中にも優先交渉先を選び本格交渉に入る。金融機関や不動産会社、投資ファンドが買い手候補として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

発覚した安倍内閣と電通の癒着の構造!

 毎日新聞によると、首相官邸のSNS運営を担う4人の内閣官房「広報調査員」のうち1人を広告大手の電通から受け入れていることが判明した。  前任者も電通からの受け入れで、安倍政権のネット情報発信には電通が深くかかわっているようだ。  広報調査員は2001年8月27日に小泉純一郎首相(当時)が決定した「内閣広報室に広報調査員を置…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

極道の世界と変わらない電通の傲慢な手口!

 電通のやり方はヤクザとそっくりだ。  ヤクザは組の掟を破れば破門にするが、電通は同業他社の仕事を下請けした会社は、今後一切面倒を見てやらない、と関連の中小零細企業を恫喝した。  広告代理店と言えば聞こえがいいが、やっていることは極道の世界と変わらない。  ヤクザ社会もそうだが、組織が大きくなり過ぎると「天下を取った」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍政権とズブズブ関係の電通、パソナ、リクルート!

6月14日のブログ「半歩前へ」の また出た委託費、家賃支援給付金で942億円! https://kot8asb9070.at.webry.info/202006/article_135.html について、  さっそく次のような怒りの声が届いた。(原文のまま)  安倍政権と電通、パソナ、リクルートはズブズブの関係だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣官房に電通から4人の社員が出向!

 安倍政府の内閣官房に電通から4人の社員が出向していた。12日の野党合同ヒアリングで判明した。  どうして広告代理店の社員が国の中枢である内閣官房に潜り込んでいたのか? ナゾが残る。  日本国家の重要方針が一広告代理店に筒抜けになっていたら、「おいしい話」をひとり占めすることが出来る。  当然その見返りはあるはずだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国「前田ハウス」で寝食を共にした財務省幹部と電通!

 財務省と電通の「癒着の構造」を暴露した週刊文春の特ダネだ。以下に全容を添付する。長めだが読みごたえがある。  「140㎡の大型アパートメント」は、日本で想像する貧相な施設ではない。超高級マンションのことだ。当然、レンタル料もバカ高い。その代金はどこから出ているのか?  記事に登場する「平川健司」は、電通出身である。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持続化給付金巡り財務省と電通が「癒着の構造」!

 特ダネ独占の週刊文春がまた、大ヒットを放った。財務省と電通の「癒着の構造」を暴露した。新聞各社が先を争って週刊文春に見入った。後起き取材を始めた。 *********************  持続化給付金を担当する財務省幹部が主催のパーティーに電通幹部が同席していた。  この男は、経済産業省中小企業庁長官の前田泰宏(5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more