テーマ:三菱

なんだその物言いは?「不正認めざるを得ない」三菱!

 「組織的な不正行為だったと認めざるを得ない」と三菱電機の社長、杉山武史。  今ごろ何を白々しい。一連の責任を取って辞任すると杉山。こんなのが辞めたぐらいで不正検査の幕引きが出来ると思っているのか?  なぜ長年にわたり不正が続いたかについては「外部の有識者による第三者委員会を設置して」と、得意の手を持ち出した。そんな無駄な時…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱電機、今度は電車ドア開閉の空気圧縮機でも不正!

 三菱電機はJR新幹線や私鉄、地下鉄など鉄道車両の空調装置で検査をしたように見せかけて架空の検査結果を作成していたことが発覚したばかりだが、新たに電車ドアの開閉に使う空気圧縮機でも「見せかけ検査」などデタラメな検査を続けていた。  三菱電機はパワハラで自殺者が相次ぐなどブラック企業の代表だが、それにしても次から次へと、ひど過ぎる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱電機の「企業意識の低さ」に仰天した森本毅郎!

 フリー・アナウンサーの森本毅郎は今朝のラジオで、三菱電機が35年にわたり不正を隠していたことを重視。信じられない企業意識の低さに仰天するとともに、「日本の信用を失墜させた」と非難した。モノづくり日本の底が抜けた。 ******************** 時事通信が伝えた。  架空のデータを用いて適正な検査を実施したよう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日と毎日が1面トップで報じた三菱電機の架空調査!

 朝刊各紙を点検した「レスポンス」が速報で届けてくれた。  エレベーターの品質検査や安全認証基準などをめぐる問題や社員のパワハラ自殺などでは時折、紙面をにぎわすことも少なくない三菱電機。  こんどは鉄道車両向け空調機器について30年以上にわたって、架空のデータを用いる不正な検査を行っていたことがわかったという。  きょ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

典型的「ブラック」の三菱電機はこんなに危ない会社!

 感染症対策はマスク、手洗いと同時に「換気」が重要と言われている。朝夕の電車は典型的な3密だ。車内の空調がコロナの感染から通勤、通学客の命を守る。その「空調」に問題が見つかった。  三菱電機がJRや私鉄、地下鉄向けに納入している空調機器の検査を35年以上も前からしなかったり、架空のデータを記入していたことが29日発覚した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍内閣の「陰の総理」が兵器産業、三菱重工業の顧問に就任!

 安倍内閣の陰の総理と呼ばれた官邸官僚の今井尚哉が、日本最大の兵器産業、三菱重工業の顧問に納まっていた。  主力だった造船は中国、韓国に先を越され、頼りの原発も世界的な反原発の煽りを食らい尻すぼみ。  行き場を失った三菱重工は「兵器輸出」に活路を見出した。  安倍内閣時代には兵器産業の意向を酌んで「武器輸出の三原則」が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more