テーマ:川淵三郎

監督・森喜朗、主演・川淵三郎による「ドタバタ劇」!

 今回の森喜朗が犯したスキャンダルは、安倍晋三が大統領に正式就任する前にトランプの自宅にはせ参じ、世界の失笑を買った以上の「恥さらし」だ。  歯止めが効かないバカの上塗り! たった1人のロクデナシによって、日本の評価はこれでまたガタ落ち。  この状況では仮にコロナがなくても、とても五輪どころの騒ぎではない。  自ら地雷…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一晩で風船の空気が抜けた川淵三郎の独演会!

「女性がたくさん入っている理事会は時間がかかる」の一言が、五輪スポンサーの激しい怒りを買い、東京五輪組織会長の辞任に追い込まれた森喜朗。後任を気心知れた川淵三郎に託した。  快諾した川淵は「森さんのために頑張りたい」ときのうはやる気満々だった。が、一夜明けた途端、就任を辞退すると言い出した。  正式に決まってもいないのに「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

突然、組織委会長の「首を引込めた川淵三郎」の謎を解く!

毎日新聞が速報した。  後任として森氏から就任を要請され、11日に受諾する考えを示していた川淵三郎が、会長を受けないことが明らかになった。  東京五輪組織委トップの後任人事は白紙となり、混乱は避けられない。組織委は後任を選ぶ選考委員会を設置する。  森喜朗による後継指名について「密室政治」との批判が高まり、川淵は一夜で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残酷、悲惨! 川淵三郎について「衝撃の事実」が発覚した!

 「2007年、我那覇和樹を襲った冤罪事件」と題してSportiveが、川淵三郎について「衝撃の事実」を暴露。  将来ある1人の優秀なスポーツ選手を「冤罪」で奈落の底に突き落としたのである。  こんな男が五輪組織委の会長になってはならない! ******************** Sportiveが告発した新事実。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理事会を無視した森喜朗の独断を容認するのか?

 世界から厳しい糾弾を受け退陣を余儀なくされた森喜朗が東京五輪組織委の理事会も通さずにきのう、勝手に後任の会長を指名した。既に新会長になったつもりの川淵三郎は「森さんを相談役に」という始末。老人の暴走が止まらない。  スポーツ界は学閥が強いというが、いくら川淵三郎が早大の先輩だからと言っても、森の振る舞いは許されない。民主主義のル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バカ丸出し!「森さんのために頑張りたい」と川淵三郎!

 11日夕、森喜朗との会談を終えた川淵三郎が取材陣に、「森さんの期待に沿うべく9月までは頑張りたい。人生の最後の大役としてベストを尽くしたい」と平然と言った。  「森のために頑張りたい」? よくもこんなことが言えたものだ。川淵は、森喜朗の名誉回復のために会長を引き受けたのか?  ここはウソでもいいから、「日本の信頼回復のため…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川淵三郎は極右雑誌「月刊Hanada」の熱心な愛読者!

 川淵三郎を知るには、彼自身がツイートしたコメントを読めばよくわかる。  櫻井よしこを尊敬し、安倍晋三の再、再登板を待望。左翼がファシスト雑誌と呼ぶ「月刊Hanada」の熱心な愛読者だ。コメントに「月刊Hanada」の文字がたびたび登場する。石原慎太郎も好きらしい。 ****************** 川淵三郎がツイート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川淵三郎は「極右に近い」人物とルモンドが速報!

 森喜朗から川淵三郎への組織委会長のバトンタッチについてフランスのルモンド紙は東京特派員発の記事で報じた。  当初、菅義偉首相や経団連のトップは森氏に辞任を求めなかったが、世論の批判が五輪のスポンサー企業に向けられたことで追い込まれたと指摘した。  また、森氏の後任として名前が挙がった川淵三郎氏について「極右に近い立場を取る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

差別発言の森喜朗が「気の毒」と川淵三郎が思わず涙!

 旧知の森氏に涙流し「気の毒」と川淵三郎氏―と朝日。  川淵によると、前日の10日に森喜朗から大会組織委会長就任についての打診があった。「ベストを尽くしたい」と川淵。 これに関連し以下のコメントが届いた。  「日本はどうしてこんな人間を選ぶのだろうか。まさに魑魅魍魎が蠢く世界は政界だけではなく、スポーツ界にも蔓延してる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川淵三郎は百田尚樹の大ファン、あの日本国紀を激賞!

 森喜朗(83)の後釜に就くご老体の川淵三郎(84)は、こういう人物だ。 2019年12月5日に本人がツイートした。  1ヶ月以上もゆっくり楽しみながら百田尚樹さんの日本国紀を読んだ。  最初500ページ余の分厚い本を見た時、読み終わるまでが大変だなぁと。  ところが読み始めると興味深い日本の歴史が平易な文章で書…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

川淵三郎サンあんた、これから一体何すんの?

 「後はよろしくお願いします」と言い残して森喜朗(83)が、世間から追い詰められて嫌々立ち去った。  政府も国民のみんながコロナに集中すべきところを、たった一人の、こんなくだらない男のために、日本中が引っ掻き回された。いい迷惑だ。  東京五輪組織委会長のポストは早稲田の先輩後輩つながりで、五輪選手村村長の川淵三郎(84)にバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more