テーマ:インド変異株

ロシアでは隣国サポーターの来訪で多数の感染者!

 インド変異株が猛威を振るうロシア第2の都市サンクトペテルブルクでは、26日に107人と過去最悪の犠牲者が確認された。  7月2日にはサッカー欧州選手権の準々決勝が行われる。AFP通信によると、今月21日には1次リーグのベルギー戦のため隣国フィンランドのサポーターが来訪し、多数の感染者が出た。  (以上 時事通信) ****…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

また突然変異! インドで発見「デルタ株の変異株」!

 時事通信によると、感染力が強い新型コロナの変異株、デルタ株(インド変異株)が最初に発見されたインドで、「デルタ株の変異株」を新たに確認した。  インド政府は、感染力が上がっているなどとして「懸念すべき変異株」に指定。感染「第2波」のピークを越え、規制を緩和しつつある各地方政府に警戒を呼びかけた。  新たな変異株は「デルタ・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワクチン1回接種で安心した米国でインド株の脅威!

 ここを勘違いすると、とんだことになる。  ワクチン接種を1回終えただけではほとんど効果がない。  コロナのワクチンは2回すべて終えて2週間経過して初めて効果がでる。  「米でインド株蔓延の恐れ ワクチン1回接種は免疫期待できず」と産経が報じた。 ********************  【ニューヨーク=…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国、インド変異株の感染拡大で都市封鎖の解除延期!

 英国BBCによると、ジョンソン首相は14日、コロナの感染拡大に伴うロックダウン(都市封鎖)の解除を4週間延期すると発表した。 英国では13日、新たに7490人が感染。新規感染報告の7日間平均は、前の7日間に比べて49%増加した。  現在、重症化が確認されているのはワクチンを打っていない人、あるいは1度しか打っていない人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インド変異株は「部屋の換気」と「不織布マスク」!

 鼻と口をマスクで覆い、手洗いも十分で、仕事はテレワーク。外出もできるだけ避け、昼食はアクリル板で仕切った店にしか行かない。そんな40代の男性がインド変異株に感染した。  いつ、どこで、感染したか分からないのがインド変異株の特徴だ。  本人は、「どこでうつったか分からない」と首をひねった。これについてウイルス専門医は注意点と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京男子中学生と10代女子大生がインド変異株に感染!

恐れていたことが起きた。東京都内の中学校でインド型クラスター(集団感染)の疑い。インド変異株は武漢株や英国株に比べて格段に感染力が強い。 コロナ対策優等生と言われた台湾やベトナムが5月に入り感染爆発を起こしたのはインド変異株が原因と言われている。 五輪などやっている場合ではない。 日本は国を挙げてインド変異株対策を講じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

想像しただけでゾッとする!早く接種しないと危ない!

 ベトナムで確認された英国型とインド型が混じった変異ウイルスは、これまでのウイルスよりも感染力が強い特徴があると言われている。  これを受け日本政府は、ベトナムとマレーシアからの入国者に対する水際対策を強化し、指定宿泊施設での待機を6日間求める方針を固めた。  意味のない対策だ。変異ウイルスは多方面から侵入してくる。例えば南…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加藤勝信は修復不能な壊れたテープレコーダー!

 菅政府は安倍内閣と同様に「緊急」事態の意味を理解していない。  今は世界がコロナと戦争している「有事」だ。パンデミック(世界的感染爆発)の中で各国が必至で戦っている。  それなのに、いまだにノンベンダラリと普段通りの「平時」対応を続ける日本。  これでは米国政府が、日本は最も危険な地域として「渡航中止」を勧告をするわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国でインド変異株を確認! 感染拡大に強い危機感!

 中国国営通信の新華社によると、中国南部の広東省広州市当局は30日の記者会見で、5月下旬に入り新型コロナウイルス感染者を20人以上確認し、多くはインド変異株とみられると明らかにした。  感染拡大を阻止するため、PCR検査の陰性証明がなければ鉄道、バスや車、飛行機で市外に出られなくするとの通知も発表した。  (以上 共同通信) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more