テーマ:週刊文春

週刊文春に「抗議のメール」を送ったあの時のこと!

 3年ほど前、週刊文春に抗議のメールを送った。安倍政権のお先棒を担ぐ記事ばかりが目についたからだ。  「文藝春秋」は菊池寛が私財を投じて創刊した歴史ある雑誌である。記憶に残るのは立花隆の世紀の大特ダネ、「田中角栄研究―その金脈と人脈」だ。  土地を次々カネに換えた角栄の錬金術を初めて暴露し、当時の世間をあっと言わせた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた「週刊文春」が強烈なパンチを見舞った!

 日本政治の中枢である永田町や霞が関を舞台としたスキャンダルのスクープは「週刊文春」の独壇場である。  この辺りの政治家や高級官僚を取材対象にしているのがメディアの政治部や経済部だ。そこは、彼ら記者にとってはいわば自分たちの「中庭」だ。そこで週刊誌に抜かれっ放しである。  腕のいい道場破りに、手も足も出ないナマクラ剣士を眺め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

持続化給付金巡り財務省と電通が「癒着の構造」!

 特ダネ独占の週刊文春がまた、大ヒットを放った。財務省と電通の「癒着の構造」を暴露した。新聞各社が先を争って週刊文春に見入った。後起き取材を始めた。 *********************  持続化給付金を担当する財務省幹部が主催のパーティーに電通幹部が同席していた。  この男は、経済産業省中小企業庁長官の前田泰宏(5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more