テーマ:中国

日米同盟強化すべきが70%! 中国覇権への警戒感!

 日米同盟と聞くと、私たちのような安保世代は反射的に「反対」と叫ぶ。  ところが習近平中国の覇権・膨張主義が露骨になるにしたがって国内世論が急速に変化した。  チベット、ウイグルに続き、香港の一国二制度が反故のされ、中国共産党による人権、民主主義への弾圧が激化した。  共産中国に対する日本人の警戒感が一気に高まった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍で苦境続きの旅館・ホテルを中国人が買収!

 伊豆方面の老舗旅館やホテルが中国資本に次々買い占められているという話は聞いていたが、コロナ禍で苦境続きの全国の旅館・ホテルに中国人の魔の手が伸びているとは知らなんだ。  このままだと日本が中国人に占拠されるのではないか? ボンクラ政府は何をしているのか? 日本が危ない! *********************** 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武力による台湾侵攻も「切り札」と中国共産党!

 「台湾と外交関係を持つ国を断交させることも難しいことではない」と脅しをかけたうえで、武力による台湾侵攻も「切り札」と環球時報。  共産中国に、報道の自由はない。言論は中国共産党によって、すべて統制されている。環球時報の主張は、すなわち習近平政権の主張である。 ********************  共同通信による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪を喰い物にしたIOC会長のバッハ!

 テレビ中継さえやれば、無観客であろうが、なかろうが、あとは関係ない。  米国3大ネットワークの1つ、NBCとは1兆円を超える独占放映契約をしている。  コロナ騒ぎで日本に行かなくてもテレビで五輪が観戦できたら十分だ。そこには大会開催に固執する興行主IOC(国際五輪委員会)の顔しかない。  「IOCバッハの喰い物にされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民虐殺に流れる日本資金!あなたは耐えられるか?

 ミャンマー国軍は、武器も何も持たずに抵抗する市民に迫撃砲を撃ち込み、100人近くを殺害した。その上、国軍はこう言い放った。  「雑草や害虫は取り除く必要がある。必要であれば殺虫剤をまく」  「われわれが本気で自動小銃を使えば、1時間で500人が死ぬことになる」  ミャンマー市民を雑草や害虫と呼んだ。  無抵抗の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「どうか、どうか、行動してほしい」と悲痛な訴え!

 ミャンマー国営テレビは9日夜、軍法会議が市民19人に対し、国軍関係者を殺害したとして死刑を言い渡したと報じた。国軍による市民への弾圧はいっそう強まっている。  外電を総合すると、国軍に抗議するデモが続くミャンマーでは、9日も市民10人が国軍の銃撃を受け殺害された。市民の犠牲者は少なくとも600人を超えている。  「雑草や害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の人権弾圧に「ノーコメント」のユニクロ柳井!

 ユニクロを運営するファーストリテイリング会長兼社長の柳井正は8日の決算会見で、習近平政権による中国・新疆ウイグル自治区での人権弾圧を問われ、「ノーコメント」と返答。  自社製品に新疆産綿花を使用しているかどうかについても柳井は明言を避けた。   国際社会はウイグル弾圧を続ける中国に圧力を強めており、欧州連合(EU)は3月、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国議会が超党派で 尖閣諸島の防衛義務を明記!

 政治の表舞台からトランプが消えたことで、米国は元の正常な形に戻った。国家が危機に直面した際、結束を固めるのが米国の強さだ。  議会超党派で 日本固有の領土である尖閣諸島の防衛義務を明記した中国対抗措置法案をまとめた。 ******************* 「新冷戦」と呼ばれるほど米国と中国の対立が深まる中、米議会上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私はバカではない」と中国の領海占拠に怒り爆発!

 ロイターによると、フィリピンのロレンザーナ国防相は4日、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)に中国船が多数居座っているのは、中国が占拠海域を広げることを狙っていると非難した。  国防相は「中国の武装海上民兵がこの海域に存在し続けていることから、西フィリピン海(南シナ海のフィリピン名)で彼らが占拠(海域)をさらに広げる意図があると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京五輪は「ボイコットも選択肢」とプライス報道官!

 【ワシントン共同】米国務省のプライス報道官は6日の記者会見で、中国の人権弾圧を批判し、2022年北京冬季五輪のボイコットも選択肢だとの考えを示した。  プライス氏は記者会見で、中国の人権侵害や新疆ウイグル自治区での「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を挙げた上で「北京五輪は私たちが協議し続ける分野だ」と強調。  北京五輪への対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベンガル湾でフランス主導の「ラ・ペルーズ」開始!

 インド洋の海外領土レユニオン島、中東のアブダビ、アフリカのジブチなどに海軍基地を持ち、中国の海洋進出への警戒を日米豪印4カ国と共有しているフランスの主導で「ラ・ペルーズ」が始まった。  習近平中国の覇権を阻止する狙いがある。 **************** 毎日新聞が報じた。  日本の海上自衛隊と米国、オーストラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在留外国人は中国人がトップで78万6000人!

法務省が集計した2020年6月時点での在留外国人。 中国人がトップで78万6000人。 韓国人が2番目で43万5000人。 ベトナム人が42万人。 フィリピン人が28万2000人。 その他が96万2000人となっている。 不法入国を加えると中国人は軽く100万人を超えている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今も沖縄の漁船を追いかけ回す中国の艦船!

 八重山日報によると、第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島周辺の領海に侵入し、八重山漁協所属の漁船「鶴丸」に接近した中国海警局の船2隻は領海内を約26時間航行し、3日午後1時半ごろ、領海を出た。尖閣周辺での領海侵入は2日連続で、今年13日目。  領海侵入した2隻は「海警2502」「海警6402」で、2日午前11時35分ごろから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の空母艦隊が沖縄本島と宮古島の間を南下!

 世界は中国・武漢で発生した「ナゾの疫病」新型コロナウイルスのパンデミック(世界的感染爆発)に悩まされている。  そうした中、どういうわけか元気な中国はコロナ禍の間隙を縫って世界各地で挑発を繰り返す。フィリピン沖に数百隻の船舶を動員、居座り続けている。いつもの手口だ。  その一方、日本近海ではこんなデモンストレーションを展開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾と目と鼻の先に韓国外相を招いた中国の思惑!

 台湾と目と鼻の先に韓国外相を招いた中国の思惑について韓国紙、朝鮮日報が次のように報じた。  米国と中国が台湾海峡を巡って覇権争いを続ける中、韓国外交部(外務省に相当)の鄭義溶長官が中国政府の招待を受け今週末に福建省アモイ市を訪問。  中国・アモイは台湾と目と鼻の先で最も近い。これとほぼ同じ時間に米国では韓米日安保室長会議が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国危機について何も考えないノー天気な日本人!

 日本固有の領土である尖閣諸島への挑発をやめない中国共産党政権。  日本政府は判で押したように「断じて認められない」(官房長官の加藤勝信)の繰り返し。  これをタダ、傍観するだけの気が抜けた日本人。  中国共産党は台湾攻略には、「何としても尖閣を手に入れたい」と虎視眈々だ。  ある日突然、中国民兵が乗り込んだ“漁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミャンマー国軍に圧力をかけるな」と中国の王毅!

 東南アジアを訪問中の中国外相の王毅は1日の会見で、ミャンマー国軍への制裁を呼びかける米欧を念頭に、「国際社会は内政不干渉を前提とすべきだ。出しゃばって(国軍に)圧力をかけるべきでない」と発言した。  民主的な選挙の結果、ミャンマー国軍が率いる政党が惨敗した。それを不正と汚名を着せ、軍事クーデターでアウンサンスー・チーを拘束し、政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛沢東を一番、礼賛したのは公明党と志位和夫!

 共産党の志位和夫委員長は1日の記者会見で、与野党の有志議員が中国・新疆ウイグル自治区や香港などでの中国当局による弾圧を踏まえ、人権尊重推進などを目的とした超党派議員連盟の発起人会に公明党が参加しなかったことを皮肉った。  志位氏は不参加の理由を「私は知らない」と断りつつ、「公明党で思い出すのは、文化大革命のときだ。一番、毛沢東を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

英国BBC報道の前では「小さなアリ」がNHK!

 同じ公共放送でも英国のBBCと日本のNHKではここまで違う。  権力に媚び、政府広報に徹するNHK。  対するBBCは世界の人々の民主主義と自由、人権を守るため命がけで報道する毎日だ。 ****************** これをご覧いただこう。  中国西部の新疆ウイグル自治区にある、高度の警備体制が敷かれた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

BBCの北京派員が中国の脅しや圧力で台湾に転出!

英国BBCのジョン・サドワース北京派員が、中国当局から圧力や脅しを受けたため、台湾に転出した。 サドワース特派員は中国に9年間駐在し、中国西部・新疆地区のウイグル族の処遇に関する報道で受賞歴がある。 中国はBBCのウイグル族をめぐる報道を非難してきた。サドワース特派員は今後も台湾から取材を続ける。 ▼後頭部に電気ショッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国を大国を呼ぶ国家がほとんどいない理由!

2017年12月23日のブログ「半歩前へ」の再録だ。  「国賓」とは名ばかりの韓国大統領の中国訪問。度重なる習近平中国の対応に韓国マスコミは激しく反発した。韓国を代表する中央日報、東亜日報、朝鮮日報の有力3紙の記事を紹介する。 2回目は東亜日報  中国は、周辺国との外交と関連して「親善恵容」(親密、善隣、恩恵、包容)を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

度重なる中国の非礼に韓国マスコミは激しく反発!

2017年12月23日のブログ「半歩前へ」の再録だ。  「国賓」とは名ばかりの韓国大統領の中国訪問。度重なる習近平中国の対応に韓国マスコミは激しく反発した。韓国を代表する中央日報、東亜日報、朝鮮日報の有力3紙の記事を紹介する。 1回目は中央日報  今回の会談は内容だけでなく格式、日程の選択などでも少なからず遺憾を残した。何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷徹な「現実」と向き合うことを迫られている!

 日本固有の領土である尖閣諸島に機関砲を装備した軍艦並みの艦船を持ち込んで挑発をエスカレートさせる習近平中国について、西村明彦さんがこれを投稿した。  現実にロシアはクリミアを併合したことを個別的自衛権の範囲だと言っている。中国も南シナ海でのあのような身勝手な行動を、全て個別的自衛権の行使であると詭弁を弄している。  初心に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

志位和夫が「忠誠を強要する」習近平中国を批判!

 志位和夫がツイートした。この人は覇権国家の習近平中国を、常に真正面から堂々と批判する。菅義偉や安倍晋三、枝野幸男は、志位の爪の垢でも煎じて飲んだらどうなんだ。  中国全人代が決定した香港選挙制度変更は、立候補者を香港国家安全維持法によって設置された警察治安部門が事前に調査し、政府に忠誠を尽くしていないと判断された場合、立候補を認…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ封じ込めに「台湾の医療協力があった」と感謝!

 時事通信によると、パラオのウィップス大統領は29日夜、訪問先の台北で記者会見し、パラオが新型コロナウイルスの封じ込めに成功したのは「台湾の医療協力があったからだ」と、外交関係を結ぶ台湾に謝意を表明した。  その上で、「本当の友達とはどんな時も味方になってくれるものだ。台湾はまさにそのような友達だ」と述べ、台湾との「強固な関係」を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機関砲搭載の軍艦に追いかけ回される沖縄の小型漁船!

 機関砲を搭載した船は軍艦である。そんな中国の艦船が沖縄近海で日本の小型漁船を追いかけ回して脅している。  中国は2月の海事法を制定し兵器使用を許可した。これによって日本固有の領土である尖閣諸島周辺での挑発が一段とエスカレートした。  一方的に覇権を強める共産中国に日本は翻弄されている。 ***************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大豆など穀物価格が急騰、背後に中国の大量買い占め!

 FAO(国連食糧農業機関)が穀物や肉類、砂糖など、5つの品目の国際的な取り引き価格をもとにまとめている食料価格指数は2月は前の月と比べて2.4%上昇した。  上昇は9か月連続で、2014年7月以来、6年7か月ぶりの高さ。大豆は今週はじめの時点で1ブッシェル当たり14ドル25セントとなり、1年前と比べておよそ70%上昇した。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平「排除」を唱えた論文が注目を集めている!

 中国に関する専門的知識と経験の豊富な元米政府高官が執筆した論文がいま、ワシントンで注目を集めている。  特に注目を集めたのが、中国共産党のトップである習近平の「排除」を唱えた点だ。  なぜか「排除」なのか?については以下を一読願おう。 *****************  習の政策や指導スタイルへの不満から「中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知っていたか?日本人は既に台湾問題の「当事者」!

 「戦争」という現実を想像できない者はただ、この衝撃のレポートに戸惑うだろう。  私はこの10年間にこれほど衝撃を受けた記事はない。現実がここまで進行していることにショックを受けた。  しかし、私たちは、ここから逃げることはできない。  この日経の記事をどう判断するかは、あなた次第である。  ただし、これを読まず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国に加えロシアの後ろ盾も得たミャンマー国軍!

ロシアはミャンマーの26日の国軍記念日式典に国防次官を派遣し、軍事協力を確約した。 これに先立ちロシアはクーデターが発生する1週間前にミャンマーと無人偵察機やミサイルの供給契約を結んだ。 国軍は中国のほかにロシアの後ろ盾も得たことになり、ますます強権を振るうのではないか。 式典にはロシア、中国など8か国の代表が出席。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more