テーマ:中国

ついに6兆円超えた日本の防衛費!岸田政権が決定!

 政府は35兆9895億円の追加歳出を盛り込んだ2021年度補正予算案を26日、閣議決定した。防衛費は過去最大の7738億円で、当初予算の歳出額と合わせて初めて6兆円を突破した。  2012年12月の第2次安倍政権発足後、防衛費は年々増加し、14年度の5兆0885億円が21年度は6兆1160億円となり、7年で1兆円増えた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の「反日」の根底にはガチガチの「小中華思想」!

 困った時の反日頼みと韓国の「反日」の根底には、長年にわたって凝り固まったガチガチの「小中華思想」があるとJBpressが強調した!  この先、韓国はどこに行くのか?  中国の属国となって、元の鞘に収まるのか? *************************** JBpressからの転載。  21世紀の今も、韓国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛沢東に心酔した秘書が垣間見た素顔の中国共産党!

NHKスペシャル 「中国新世紀 中国共産党 一党支配の宿命」 毛沢東に心酔し、秘書を務め、共産党に見果てぬ理想をたくし続けた李鋭(り・えい)が見た中国共産党の素顔。 70年以上に渡ってつづられた日記が中国共産党の深淵をあぶり出す。そこには、中枢にいなければ垣間見ることができない中国共産党の姿が刻まれていた。 ▼結局、中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は「北京五輪を支持しろ」とすごんだあの報道官!

 いつも生意気な口を利く不快な男、中国外務省報道官の趙立堅が25日の記者会見で北京冬季五輪に関連し、「中国は東京五輪を全力で支持した。日本は基本的な信義を持つべきだ」とまくし立てた。  共産中国が勝手に東京五輪の支持表明しただけで、日本が特に頼んだわけではない。  東京五輪がコロナ禍で中止になれば北京への影響は計り知れない。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日中友好議員連盟の「実態」を知れば、きっと驚く!

 林芳正が外相就任に伴って会長を辞任した「日中友好議員連盟」への疑惑が広がっている。  日米議員連盟、日英議員連盟、日韓議員連盟など数ある超党派の議員連盟の中で、名称に「友好」という言葉を掲げているのは「日中友好議員連盟」だけだ。  どこが異質かと言えば、中国側メンバーは中国共産党の指名や推薦によって選ばれた者たち。欧米のよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

用心!パンダ外交に喜んでいては習近平中国の思う壺!

過去のこの日 3年前 2018年11月25日 の投稿である。再録。 ·  中国4000年の歴史は「血の歴史」。血で血を洗う残酷史と言われているが、今でも想像を絶する拷問が公然と行われている。  戦前の帝国日本の特高(秘密警察)は中国が「お手本」だという。  ***********************  カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バッハのIOCは「危険水域に突入」と国際人権団体!

 テニスの女子ダブルス世界ランク1位だった中国の彭帥について、無事が確認されたと中国。  だったらどうして本人が話さないのか?  肉声は、ひと言もない。オカシイではないか。 ************************  ロイターによると、国際人権団体のアムネスティ・インターナショナルは22日、IOCのバッハ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米軍出て行ったらすぐ中国が沖縄占領するよ、ガイド!

私のブログ「半歩前へ」 ベトナムを狙う中国は単なる侵略国家ではないのか? https://kot8asb9070.at.webry.info/202111/article_310.html に対して、こんなコメントが届いた。 ************************** 長野省五  10年も前、ベトナムに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベトナムを狙う中国は単なる侵略国家ではないのか?

 ベトナム社会主義共和国という国名の通りベトナムはれっきとした社会主義国家である。そのベトナムを習近平中国は武力を背景に恫喝し、侵略攻撃をかけている。  中国共産党が支配する中国は、本当に社会主義国家なのか? 単なる侵略国家ではないのか? 日本に支援を求めてベトナムの首相がやって来た。 *******************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

消息不明の中国有名テニス選手が突然、写真で登場!

 中国の元副首相とのセックス・スキャンダルを告白した後、消息不明となっていた中国のテニス選手、彭帥が21日、北京市で行われたテニスイベントに姿を見せた。SNS微博の公式アカウントに写真を公表した。  大坂なおみら世界の著名人が真相究明を叫び、欧米各国政府が懸念を表明。IOCの最古参委員ディック・パウンドが北京五輪への深刻な懸念を示…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾有事で日本は「軍事的に関わるべき」が71%!

 フジテレビ 【日曜報道 THE PRIME】 11月21日  習近平中国による台湾侵攻があった場合、  視聴者アンケート「台湾有事で日本は軍事的に関わるべきか」 関わるべき71%、 関わるべきではない18%、 どちらともいえない11%。  (以上 FNN) *********************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怖ろしく「危険な提案」をした東京都の武蔵野市長!

 「外国籍住民の排除に合理的な理由はない」と松下玲子・東京都武蔵野市長。  この人は「オーストラリアで何が起こったか」を知っているのだろうか?   松下は「より進んだ市民参加に挑戦したい」と成立に意欲をみせているというが軽薄極まりない。  配慮を欠く単なる「注目度集め」や「人気取り」の判断は、国家を亡ぼす恐れがある。市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国軍とロシア軍爆撃機が日本周辺で共同して挑発!

 中国軍とロシア軍の空と海からの軍事行動は単なる偶然ではない。  これは何を意味するのか? 中国軍とロシア軍の爆撃機が日本を共同で挑発し続けた。  前の日には海でも同様の挑発を繰り返した。 *********************  NHKによると、防衛省が19日、中国軍とロシア軍の爆撃機が日本周辺の上空を共同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

能天気な日本人は、危険な「現実」を直視すべき!

 あえて波風を立てる彼らの目的は何か?  領土・領海の拡張を掲げた習近平の登場で、極東を取り巻く軍事情勢は大きく変わった。  性善説などと言ったキレイゴトはもう、通じない。  目の前で野犬が牙をむいている。  能天気な日本人は「現実」を直視すべきだ。 ************************** …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国海軍1隻が日本の領海に侵入!防衛省確認すれど!

 防衛省は19日、鹿児島・屋久島南方を航行していた中国海軍の測量艦1隻が、日本の領海に侵入したと発表した。(以上時事通信) ***********************  事実を発表するだけで何もできない日本。  こうして徐々に既成事実を積み重ね、相手の出方を見ながら前進する手口を「サラミ戦術」という。  サラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私は一度殺されたから報復は怖くない」と衝撃告白!

 「私は一度 “殺されました”。だから、報復は怖くありません」 こう話すのは、ウイグル族の女性。  彼女は理由もわからず拘束され、中国・新疆ウイグル自治区の施設に収容されて拷問を受けた。  解放後、中国当局からは施設のことを口外しないよう脅しを受けた。  自治区には今も親族が残り、施設のことを話せば、当局から報復される…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

共産党最高幹部と性関係の中国有名選手が行方不明!

 中国共産党首脳のスキャンダルは「国家の最高機密」だ。  それをバラした限りは、タダでは済まない。  極寒の地か、灼熱の砂漠地帯に投獄されているのか?   それとも既に「消されて」この世にはいないのか? **********************  NHKによると、中国の女子テニス選手が共産党最高指導部の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米政権が北京五輪の「外交的ボイコット」検討中!

 米国CNNによると、 来年2月開催予定の北京五輪をめぐり、バイデン米政権が政府当局者を派遣しない「外交的ボイコット」の可能性を含む対応を検討していることが分かった。事情に詳しい当局者数人が16日に明らかにした。  米当局者によると、15日にオンラインで行われた米中首脳会談ではこの問題は提起されなかった。  米紙ワシントン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国人民解放軍幹部の息子で2015年に日本に帰化!

 中国共産党は恐ろしい。さすが白髪三千丈の国である。目先の動きに留まらず、片方の目は常に長期でものを見据えている。長期戦略に基づいて動いている。  移民、帰化する者の中には「使命感を持った工作員」も少なくない。偉大な中国共産党のために自分の人生のすべてを捧げる。オウム事件で分かるように人間は「洗脳」されると、どうにでも変わる。それ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

21世紀の狂犬に民主主義陣営の結束力が試されている!

 日本国内の中国共産党シンパに告ぐ。  軍事でチベットやウイグル、香港を脅し、すっかり味を占め、台湾に毒牙を向けた。  強権に異を唱えるリトアニアに経済制裁を加える侵略国家・共産中国。  都合が悪くなると沈黙するシンパどもよ、21世紀の狂犬を正当化する気なのか?  ネットには中国共産党の独裁を崇める異常者が少なく…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平は建国の父、毛沢東と並んだ?「個人崇拝」復活

 ますます進む習近平の独裁。排除したハズの「個人崇拝」が復活し、習近平は建国の父、毛沢東と並んだ?  習近平は、中国政府より高い地位にある中国共産党から支持を勝ち取ったとして、「中国の夢」を叶えるために一層、覇権を強めよう。  *************************** 中日新聞が報じた。  中国共産党の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脅し!1日約500万件のサイバー攻撃を受ける台湾!

 オノレを「党中央の核心」と位置付けた習近平は、実績を示さんと台湾への脅迫を強化している。  中国共産党で最高指導者を「核心」と呼ぶのは毛沢東と鄧小平の2人のほかにはいない。  習近平は中国共産党建国の父、毛沢東と同格になりたいとの意識が強い。 **********************  AFPによると、台湾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

着々と「軍備増強」を進める習近平中国が不気味だ!

 コロナ禍でも着々と軍備増強を進める中国共産党政権が不気味だ。  先日は実物大の米空母の模型を作って、攻撃訓練を繰り返していたことが発覚した。  習近平は中国共産党の歴史に名を残そうと、本当に米国を相手に戦争する気なのか?  狂気の沙汰だ。 **********************  【ワシントン時事】…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本マスコミはなぜ中国の顔色を伺い原稿を書くのか?

時事通信がこんな記事を書いた。  岸田首相は8日、第2次岸田内閣の10日の発足に合わせて、国際的な人権問題を担当する首相補佐官を新設し、中谷元・元防衛相(64)を充てることを決めた。9月の自民党総裁選公約を実行に移す。中谷氏は中国の人権問題への厳しい姿勢で知られ、中国が反発する可能性もある。  (以上) **********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の海上侵略に反対「航海の自由」守るとドイツ!

 中国共産党政権による海上侵略に、米国、英国、フランスとともにドイツも強く反対する考えを示し、「航海の自由」を守ると強調した。 **********************  ドイツ海軍トップのカイアヒム・シェーンバッハ総監(海軍中将)は9日、東京に寄港したフリゲート艦「バイエルン」について「特定の国を意識したものではない」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国が米国との戦争を想定して大掛かりな軍事訓練!

 習近平政権は米国との戦争を想定して大掛かりな軍事訓練を展開している。 ********************  ロイターによると、中国人民解放軍が空母の形をした実物大模型を作成したことが、衛星写真の画像で7日明らかになった。ミサイル訓練用の標的として作成された可能性がある。  台湾問題や南シナ海問題を巡って米国との…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

香港の記録映画「時代革命」に観客から大きな拍手!

 香港の民主化運動を記録したドキュメンタリー映画「時代革命」が7日、東京で開催の国際映画祭で上映された。  中国共産党の指揮の下、香港警察に成りすました中国人民解放軍の兵士らによる香港市民への無差別攻撃に観客は大きな衝撃を受けた。  そうした弾圧にひるまず無抵抗で抗議する若者や市民の勇気に観客から割れんばかりの拍手が沸き起こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危険な妨害工作をかい潜って東京で上映「時代革命」!

 2019年の香港民主化運動を記録した映画が、東京都内で特別上映された。中国や香港では上映が禁じられていて、今回の上映が世界でも2度目。  ドキュメンタリー映画「時代革命」は東京・有楽町で開催中の映画祭で特別上映されたもので、上映にあたっては妨害行為を防ぐため直前まで映画名は伏せられていた。  民主化を求める香港市民を克明に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党を批判した「中国の女性記者」を逮捕!

 香港で2019年に行われた民主化弾圧に抗議するデモに参加し、中国共産党を批判した30代の女性活動家、黄雪琴さんを中国共産党政権が逮捕したことが6日明らかになった。  中国の人権問題を扱うウェブサイト「維権網」などが伝えた。9月に広東省広州市当局に拘束され、連絡が取れなくなっていた。  中国メディアの記者だった黄さんは香港で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

PM2・5で亡霊となった灰色の北京!高速は閉鎖

 世界に迷惑をかけることなど知ったことではない中国共産党政府は郊外の垂れ流しを続行。  日本が四日市ぜんそくなど散々苦しんだことを知っているはずなのに、改めようとしない。  軍備増強するカネを公害対策に回せ、バカ者! 独善中共は、毒の粉を撒き散らす害虫である。 *******************  中国・北京…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more