テーマ:中国

中国軍機が最大規模の25機で台湾防空識別圏に侵入!

BBCによると、台湾は12日、「記録的な数の」中国軍の戦闘機が、台湾の防空識別圏に侵入したと発表した。 戦闘機や核兵器を搭載可能な爆撃機など25機が侵入した。 中国軍機の侵入としては過去1年で最大規模。米国は「中国がますます攻撃的になっている」と批判した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中国が内政干渉と言いたいのはわかる」に仰天!

 フェイスブックに台湾、香港、ウイグル問題を「中国が内政干渉と言いたいのはわかる」との驚きの投稿があった。  民族浄化を単に「内政」問題として片づけていいのか? ジェノサイド(集団殺戮)も「内政」なのか? それは違うのではないか。  台湾は、中国共産党に追われて大陸から流れてきた人が多いが、以前は「中華民国」として世界が認め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民族浄化作戦!この残虐非道のどこが「内政」なのか?

 中国共産党政府は17日、日米両政府が発表した共同声明に「強烈な不満と断固反対」を表明し、「台湾、香港、ウイグル問題は、中国の内政だ」と強調した。  愚かしいことを言うではない。「中国の内政」は、監視と密告の国の単なる「符牒」に過ぎない。世界には通用しない。 「台湾」   戦闘機、大型爆撃機の大編隊で台湾上空に表れて恫喝を繰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の「力による威圧に反対」で日米首脳が一致!

 菅義偉首相の初の外交デビューに関心が集まっていたが、バイデン大統領の人柄からか、2人は昼食をともにするなど極めて友好的な雰囲気で会談を行った。  それは会談後の共同記者会見での菅首相の表情からも見て取れた。  だが、2時間半にわたる都合3度の、会談の中身は濃いものだった。  両首脳は16日午後(日本時間17日未明)、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国共産党政権が民主派香港紙の創業者に実刑!

 香港の民主派を一掃するために法律まで変えた中国共産党政権が、民主主義の重要性を訴え続け、香港の自由を守ろうとした蘋果日報(リンゴ日報)創業者の黎智英氏に実刑を言い渡した。  香港議会に立候補できるのは中国共産党の命令に従う者に限ると制限を付け、民主派を締め出した。  世界に約束した一国二制度を踏みつけ、独裁をほしいままにす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平の「新帝国主義」に日本人の多くが強く反発!

 この調査結果は、貴重な資料である。保存しておくといい。習近平の「新帝国主義」に日本人が強く反発していることが分かる。  習近平に政権が交代してから中国が覇権をむき出しにした。これによって日本人の間に警戒感が一気に高まった。  その結果が「コロナ」や「経済」よりも、「安全保障」つまり国防を重要視するようになった。  習…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国がアジアで覇権を築けば「日本は力失う」と警告!

 日本人が「知りたくない」ようなことを時事通信が報道した。だが、目をそらしてはならない。現状を知ってこそ冷静な判断が出来るからである。 ********************   2018年の米国家防衛戦略の策定で責任者を務めたエルブリッジ・コルビー元国防副次官補は時事通信の取材に応じ、台湾有事は「日本の主権に直結」する問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人の8割が中国覇権に伴う極東急変に強い関心!

 この調査から読み取れるのは、習近平に政権が代わってからの中国が覇権をむき出しにしたことで、日本人の間に警戒感が一気に高まった。その結果が、コロナや経済よりもまず「安全保障」、つまり国防を最重要視するようになったことだ。  習近平中国は、きのうも、今日も、やむことなく日本固有の領土である尖閣諸島への挑発を繰り返す。  調査で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊が九州で過去最大規模の演習を計画!

 NHKが「陸上自衛隊が九州で過去最大規模の演習を計画 中国念頭か」と大々的に報じた。  軍事力を強化した習近平中国が自信を深め、台湾侵攻を臭わせるなど強気の構えを見せている。  仮に台湾海峡で衝突が起これば、日本や韓国が同時に攻撃の的となる可能性がある。  今回の演習は、そうしたことを起こさせないためのけん制球だ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

政府の説明不足が風評となり隣国の攻撃の的になった!

 中韓をはじめ各国が、これほど膨大なトリチウムを海に放出しているとは知らなかった。  おそらく大半の日本人が今も知らないのではないか。  日本政府が、こうしたことを国の内外に十分説明してこなかったためだ。  いきなり菅政府は、「貯蔵タンクが満杯になったので、溜まった放射能汚染水を海に放出する」と発表した。  これ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

暴走! 中国のダム建設がメコン川を枯渇させた!

 フランスAFPが去年11月、こう伝えた。かつて雄大と呼ばれたメコン川が今、タイ東北部で浅く薄汚い川に成り果てている。  記録的な低水位の原因は、干ばつと、このほど完成した上流の水力発電用ダムだとされている。  専門家は「中国とラオスのダム建設」熱がメコン川の枯渇を悪化させたと指摘した。  メコン川は源流をチベット高原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新たな火種! 中国がヒマラヤに世界最大のダム建設!

 フランスAFPによると、中国は今年3月開催の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、ヒマラヤでの世界最大の「メトクダム」建設計画を明らかにした。  メトクダムは、チベットのヤルツァンポ川に建設予定で、世界最大の発電所「三峡ダム」の3倍の電力を供給する見込み。  ヤルツァンポ川のインド名はブラマプトラ川(Brahmaput…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日米同盟強化すべきが70%! 中国覇権への警戒感!

 日米同盟と聞くと、私たちのような安保世代は反射的に「反対」と叫ぶ。  ところが習近平中国の覇権・膨張主義が露骨になるにしたがって国内世論が急速に変化した。  チベット、ウイグルに続き、香港の一国二制度が反故のされ、中国共産党による人権、民主主義への弾圧が激化した。  共産中国に対する日本人の警戒感が一気に高まった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍で苦境続きの旅館・ホテルを中国人が買収!

 伊豆方面の老舗旅館やホテルが中国資本に次々買い占められているという話は聞いていたが、コロナ禍で苦境続きの全国の旅館・ホテルに中国人の魔の手が伸びているとは知らなんだ。  このままだと日本が中国人に占拠されるのではないか? ボンクラ政府は何をしているのか? 日本が危ない! *********************** 日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武力による台湾侵攻も「切り札」と中国共産党!

 「台湾と外交関係を持つ国を断交させることも難しいことではない」と脅しをかけたうえで、武力による台湾侵攻も「切り札」と環球時報。  共産中国に、報道の自由はない。言論は中国共産党によって、すべて統制されている。環球時報の主張は、すなわち習近平政権の主張である。 ********************  共同通信による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪を喰い物にしたIOC会長のバッハ!

 テレビ中継さえやれば、無観客であろうが、なかろうが、あとは関係ない。  米国3大ネットワークの1つ、NBCとは1兆円を超える独占放映契約をしている。  コロナ騒ぎで日本に行かなくてもテレビで五輪が観戦できたら十分だ。そこには大会開催に固執する興行主IOC(国際五輪委員会)の顔しかない。  「IOCバッハの喰い物にされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市民虐殺に流れる日本資金!あなたは耐えられるか?

 ミャンマー国軍は、武器も何も持たずに抵抗する市民に迫撃砲を撃ち込み、100人近くを殺害した。その上、国軍はこう言い放った。  「雑草や害虫は取り除く必要がある。必要であれば殺虫剤をまく」  「われわれが本気で自動小銃を使えば、1時間で500人が死ぬことになる」  ミャンマー市民を雑草や害虫と呼んだ。  無抵抗の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「どうか、どうか、行動してほしい」と悲痛な訴え!

 ミャンマー国営テレビは9日夜、軍法会議が市民19人に対し、国軍関係者を殺害したとして死刑を言い渡したと報じた。国軍による市民への弾圧はいっそう強まっている。  外電を総合すると、国軍に抗議するデモが続くミャンマーでは、9日も市民10人が国軍の銃撃を受け殺害された。市民の犠牲者は少なくとも600人を超えている。  「雑草や害…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の人権弾圧に「ノーコメント」のユニクロ柳井!

 ユニクロを運営するファーストリテイリング会長兼社長の柳井正は8日の決算会見で、習近平政権による中国・新疆ウイグル自治区での人権弾圧を問われ、「ノーコメント」と返答。  自社製品に新疆産綿花を使用しているかどうかについても柳井は明言を避けた。   国際社会はウイグル弾圧を続ける中国に圧力を強めており、欧州連合(EU)は3月、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国議会が超党派で 尖閣諸島の防衛義務を明記!

 政治の表舞台からトランプが消えたことで、米国は元の正常な形に戻った。国家が危機に直面した際、結束を固めるのが米国の強さだ。  議会超党派で 日本固有の領土である尖閣諸島の防衛義務を明記した中国対抗措置法案をまとめた。 ******************* 「新冷戦」と呼ばれるほど米国と中国の対立が深まる中、米議会上…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私はバカではない」と中国の領海占拠に怒り爆発!

 ロイターによると、フィリピンのロレンザーナ国防相は4日、フィリピンの排他的経済水域(EEZ)に中国船が多数居座っているのは、中国が占拠海域を広げることを狙っていると非難した。  国防相は「中国の武装海上民兵がこの海域に存在し続けていることから、西フィリピン海(南シナ海のフィリピン名)で彼らが占拠(海域)をさらに広げる意図があると…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京五輪は「ボイコットも選択肢」とプライス報道官!

 【ワシントン共同】米国務省のプライス報道官は6日の記者会見で、中国の人権弾圧を批判し、2022年北京冬季五輪のボイコットも選択肢だとの考えを示した。  プライス氏は記者会見で、中国の人権侵害や新疆ウイグル自治区での「ジェノサイド(民族大量虐殺)」を挙げた上で「北京五輪は私たちが協議し続ける分野だ」と強調。  北京五輪への対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベンガル湾でフランス主導の「ラ・ペルーズ」開始!

 インド洋の海外領土レユニオン島、中東のアブダビ、アフリカのジブチなどに海軍基地を持ち、中国の海洋進出への警戒を日米豪印4カ国と共有しているフランスの主導で「ラ・ペルーズ」が始まった。  習近平中国の覇権を阻止する狙いがある。 **************** 毎日新聞が報じた。  日本の海上自衛隊と米国、オーストラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

在留外国人は中国人がトップで78万6000人!

法務省が集計した2020年6月時点での在留外国人。 中国人がトップで78万6000人。 韓国人が2番目で43万5000人。 ベトナム人が42万人。 フィリピン人が28万2000人。 その他が96万2000人となっている。 不法入国を加えると中国人は軽く100万人を超えている。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今も沖縄の漁船を追いかけ回す中国の艦船!

 八重山日報によると、第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島周辺の領海に侵入し、八重山漁協所属の漁船「鶴丸」に接近した中国海警局の船2隻は領海内を約26時間航行し、3日午後1時半ごろ、領海を出た。尖閣周辺での領海侵入は2日連続で、今年13日目。  領海侵入した2隻は「海警2502」「海警6402」で、2日午前11時35分ごろから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の空母艦隊が沖縄本島と宮古島の間を南下!

 世界は中国・武漢で発生した「ナゾの疫病」新型コロナウイルスのパンデミック(世界的感染爆発)に悩まされている。  そうした中、どういうわけか元気な中国はコロナ禍の間隙を縫って世界各地で挑発を繰り返す。フィリピン沖に数百隻の船舶を動員、居座り続けている。いつもの手口だ。  その一方、日本近海ではこんなデモンストレーションを展開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

台湾と目と鼻の先に韓国外相を招いた中国の思惑!

 台湾と目と鼻の先に韓国外相を招いた中国の思惑について韓国紙、朝鮮日報が次のように報じた。  米国と中国が台湾海峡を巡って覇権争いを続ける中、韓国外交部(外務省に相当)の鄭義溶長官が中国政府の招待を受け今週末に福建省アモイ市を訪問。  中国・アモイは台湾と目と鼻の先で最も近い。これとほぼ同じ時間に米国では韓米日安保室長会議が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国危機について何も考えないノー天気な日本人!

 日本固有の領土である尖閣諸島への挑発をやめない中国共産党政権。  日本政府は判で押したように「断じて認められない」(官房長官の加藤勝信)の繰り返し。  これをタダ、傍観するだけの気が抜けた日本人。  中国共産党は台湾攻略には、「何としても尖閣を手に入れたい」と虎視眈々だ。  ある日突然、中国民兵が乗り込んだ“漁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ミャンマー国軍に圧力をかけるな」と中国の王毅!

 東南アジアを訪問中の中国外相の王毅は1日の会見で、ミャンマー国軍への制裁を呼びかける米欧を念頭に、「国際社会は内政不干渉を前提とすべきだ。出しゃばって(国軍に)圧力をかけるべきでない」と発言した。  民主的な選挙の結果、ミャンマー国軍が率いる政党が惨敗した。それを不正と汚名を着せ、軍事クーデターでアウンサンスー・チーを拘束し、政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛沢東を一番、礼賛したのは公明党と志位和夫!

 共産党の志位和夫委員長は1日の記者会見で、与野党の有志議員が中国・新疆ウイグル自治区や香港などでの中国当局による弾圧を踏まえ、人権尊重推進などを目的とした超党派議員連盟の発起人会に公明党が参加しなかったことを皮肉った。  志位氏は不参加の理由を「私は知らない」と断りつつ、「公明党で思い出すのは、文化大革命のときだ。一番、毛沢東を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more