テーマ:東日本大震災

いじらしくて、こみ上げる怒り!

2011年05月15日のブログ「半歩前へ」  いじらしくて、こみ上げる怒りの再録だ。 ▼いじらしくて、こみ上げる怒り  原発震災で謝罪に訪れた東電社長の清水に、年老いた女性が「お互いさま」とねぎらいの言葉かけた。なんと優しい・・・。60日以上も避難所暮らしを強いられているというのに愚痴どころか、まだ相手を思いやる。この言葉、東電…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

思いもよらぬ英断に「まさか。ホントか?」

 2011年05月07日のブログ「半歩前へ」  決断に「まさか。ホントか?」の再録だ。 ▼初めての大胆な決断  首相の菅直人が組閣以来、初めて大胆な決断をした。6日夜、緊急記者会見し、浜岡原発のすべての原子炉を一旦運転停止するよう中部電力に要請したのである。今回の英断を心から歓迎したい。これを機会に、日本のエネルギー政策を根本的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正しくは東電福島原発「人災」事故である!

 2011年05月06日のブログ「半歩前へ」  おかしいよ、間違っている、の再録だ。  私は東電福島原発事故とは一度も書いたことがない。その場合、東電福島原発「人災」事故と、必ず「人災」の二文字を入れる。未曽有の災害ではないからだ。事前に防ぐことが出来たにもかかわらず、当時の経営陣が対策に「カネがかかり過ぎる」と二の足を踏んだ。そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人災事故を起こしておきながら居直る東電!

2011年05月06日のブログ「半歩前へ」  損害賠償は税金でと東電、の再録だ。  東電の傲慢な体質は今も全く変わっていない。東電だけではない。先の関電事件にみられるように、どの電力会社も体質は同じ。地域独裁の弊害だ。どんなに放漫経営をやろうがツケは国民が支払う仕掛けになっている電気料金システムが問題だ。 *********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

元凶はすべて自民党時代に!

2011年04月17日のブログ「半歩前へ」  元凶はすべて自民党時代に、の再録である。  今、こうして当時を振り返ると、野党の安倍晋三たちはひどいことをしていた。ひたすら民主党の足を引っ張ることだけの全力を注いだことが分かる。 *************************** ▼了見が狭すぎる政治家  福島原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災から1年後の被災地!

2011年04月16日のブログ「半歩前へ」  被災地で被災者雇用を、の再録だ。 ▼危機に“開店休業”の国会  戦後最悪の危機だというのに、国会が“開店休業”とはどういうことだ。阪神大震災の際は、震災発生から1ヵ月以内に震災関連の法案が3本成立するなど、復旧へ向けての足取りが伺えた。今、被災者救済に、いちばん必要なのはスピードであ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

官僚が自民党と一緒に民主党の足を引っ張った!

2011年04月13日のブログ「半歩前へ」  「裸の王様」だった?菅首相の再録。  今、検証してみると「官から民へ」を掲げた民主党を官僚は目の敵にしていたことが分かる。「政官利権の構造」が壊されるのを恐れた官僚たちは野党の自民党、安倍晋三と結託して民主党政権の足を引っ張った。必要な情報を官邸に報告しなかった。民主党いじめに遭った。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「先斗町の5本の指に入る上客」と呼ばれる僧たち!

2011年04月11日のブログ「半歩前へ」 震災で本気度試される仏教界の再録。  ▼施設提供に消極姿勢  日本列島に未曾有の大災害をもたらした、東日本大震災の発生から11日で1ヵ月を迎えた。だが今もなお、多くの被災者が学校や体育館などで不自由な避難生活を送っている。そんな中で京都など被災地から離れたお寺はどうして、被災者に施設を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「司令塔不在」という状況は当時と同じ!

2011年04月09日のブログ「半歩前へ」 今、求めているのは司令塔の再録である。 今は新型ウイルスの感染爆発が目前に迫っている。「司令塔不在」という状況は当時と変わっていない。 ▼爆心地の写真と二重写し  大震災、大津波、そこに原発事故が重なってわが国は、これまで経験したことがない危機に直面している。今は国が一丸となって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more