テーマ:南シナ海

南シナ海での自衛隊飛行に「無断通過」と抗議した中国!

 共同通信によると、海上自衛隊のP3C哨戒機2機が2018年8月、南シナ海でフィリピンの排他的経済水域(EEZ)内にあるミスチーフ礁付近の上空を飛行。  同地域で主権を主張する中国が、「無断で通過した」と日本に抗議していたことが25日、分かった。日本は「飛行の自由の制約」だと反論した。複数の日本政府関係者が明らかにした。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平が主張する南シナ海に太い杭を打ち込んだバイデン!

 バイデン政権は、習近平中国が南シナ海の岩礁を埋め立て軍事要塞を築き、海の関所を構築する動きに「どの国も南シナ海は自由に航行できる」と鋭い杭を打ち込んだ。  トランプは習近平のほほえみ外交に騙され油断したスキに、中国はフィリピンやベトナム沖の岩礁を勝手に軍事基地に変えた。あの時に基地建設を止めていたら、今の状況は起きなかった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南シナ海「航行の自由」守るとドイツも名乗り!

 最近の時事通信の記事には注目すべき記事が多い。特に解説ものが光っている。これもそうだ。  この30年で「軍事費を40倍」に増やした国は、共産中国のほかにない。世界一の軍事大国を目指す習近平は今後も軍事拡大を続ける考えだ。狙いは「世界の中華化」つまり世界制覇である。  共産中国の膨張主義に危機感を持つ欧州各国は、習近平の覇権…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平が南シナ海を「占拠」したいこれだけの理由!

2016年02月26日のブログ「半歩前へ」の再録だ。 ▼中国のもう一つの狙い  習近平と言う男は懲りない男だ。南シナ海に地対空ミサイル配備だけでなく、レーダー施設から戦闘機まで配備。  中国は南シナ海の岩礁を勝手に埋め立て人工島を構築。爆撃機が離着陸可能な3000㍍滑走路を造った。最新戦闘機を配備するなど軍事基地化を急いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海洋資源開発で中国に脅されたベトナムが巨額負担!

 中国の圧力で、ベトナムが海洋資源開発を巡って莫大な補償金を負担させられた。軍事力にものを言わせ周辺国を脅し、南シナ海の権益を独占しようとする習近平のやり方を見逃してはならない。 *******************  ニューズウイークによると、南シナ海に人工島を造成したり、軍事施設を建設するなどして、広大な海域の実効支配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の脅しにに苦しむASEANが恐る恐る批判!

 わがもの顔で南シナ海を荒らしまわる暴力国家に周辺国が手を焼いている。  改革・開放のために助けてほしいと懇願したため、日本が戦前の侵略を懺悔して、あらゆる技術を提供した。人材教育に努めた。  その結果、得体の知れない悪魔を生んだ。共産中国である。  「良かれ」と思ったことが今、南シナ海の周辺国を苦しめている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国が一方的に休漁宣言!周辺国と軋轢!

 南シナ海は「わが領域」と主張する中国は、今月1日から3~4カ月間の夏季休漁期に入ったと宣言。一方的な取り締まりを強化した。領有権を争う周辺国との間で軋轢を強めている。  休漁期を設定した海域には、ベトナムやフィリピンが領有権を主張するエリアが含まれている。  ベトナム外務省は8日の声明で、中国が南シナ海を含む海域で休漁期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南シナ海で軍事強化を進める習近平中国の覇権主義!

2016年02月25日のブログ「半歩前へ」である。再録する。 ▼南シナ海で米中がにらみ合い  中国軍は、南シナ海のパラセル(西沙)諸島にあるウッディ(永興)島に、地対空ミサイルに加え、戦闘機も配備した。また、スプラトリー(南沙)諸島のクアテロン(華陽)礁など4つの島にレーダー施設を建設し、軍事基地としての態勢を整えた。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平中国が南シナ海を狙った2つの理由!

2016年02月26日のブログ「半歩前へ」だ。再録する。 ▼中国のもう一つの狙い  習近平と言う男は懲りない男だ。安倍首相が泣いて喜びそうなことを、次から次へと実行する。南シナ海に地対空ミサイル配備だけでなく、レーダー施設から戦闘機まで配備。自衛隊が乗り込むのを待ち構えているかのようだ。  中国は南シナ海の岩礁を勝手に埋め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more