テーマ:マスク

「マツキヨ」のマスクと偽り販売の中国人ら2人逮捕!

 コロナ禍でのマスク需要の高まりに便乗して、ドラッグストア大手「マツモトキヨシ」のマスクのニセモノを販売したとして、中国人の男ら2人が逮捕された。  逮捕されたのは、名古屋市在住の中国籍、馬亮(38)と東京・豊島区の会社役員、松山竜太(35)の2人。  警察の調べによると、2人は去年3月ごろからコロナ禍でマスク需要が高まっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍の喫茶店の長時間おしゃべりはやめてほしい!

会話による飛まつは空中に10分以上漂うので注意! https://kot8asb9070.at.webry.info/202105/article_49.html について 森谷憲光さんが、さっそくコメントした。  マスクを着用して、ソーシャルディスタンス(人と人との間の距離)をとっていても、長時間の会話はリスクを伴う。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会話による飛まつは空中に10分以上漂うので注意!

 コロナ感染拡大の中でマスクは欠かせないが、マスクを付けているから100%安全というわけではない。  人と会話をする時は、出来るだけ距離をとることが重要だ。  マスクなしでの会話は絶対、やってはならない。危険極まりない。 ***********************  フランスAFPによると、米国国立糖尿病・消…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1000分の1に激減!「マスク着用」感染予防に驚き効果!

 「マスクの着用」や「手洗いの励行」など予防対策の徹底で、1000万人が1・4万人へと1000分の1に減った。  感染予防に「マスク着用」が驚きの威力を発揮した。 **********************  毎年1000万人以上がかかるとされる季節性インフルエンザが、今シーズンは流行しなかった。国立感染症研究所(感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国製の粗悪品マスク対策でJISを導入!

 マスクメーカーなどで構成する日本衛生材料工業連合会(日衛連)は年内にも、マスクの品質管理にJIS(日本産業規格)を導入する。  日本のマスクは産業用の一部を除き、性能などを定めた国の規格がない。  新型コロナウイルスの流行など感染症対策としてマスクの利用が広がるなか、品質確保を求める消費者の要望に対応する。 (以上 日経)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

利権の臭い!随意契約の中身は秘密と隠し通す安倍晋三!

 国民に、布マスク2枚の通称「アホノマスク」を配布するとして安倍晋三は466億円の予算を組み、複数の取引先と契約。ところが、発注は競争入札にしないで、なぜか随意契約とした。  何枚を、どこと、といくらの単価で、契約したのか安倍政府は明らかにしなかった。交渉過程の詳細を書いた文書を「保有していない」というのだ。  466億円も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスクしていない人が「気になる」が87%!

 新型コロナウイルスによる生活や意識の変化などについてNHKは世論調査を行いました。  マスク着用への意識に関する質問では、外出時にマスクを着用していない人を見かけたら『気になる』と答えた人が87%に上りました。 (以上 NHK) *******************  当然だ。コロナが感染爆発している中、道で無症状…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どうにも止まらない安倍内閣!愚策の連発!

 28日夜のBS-TBSの人気番組「報道1930」について大野章さんが報告した。私は見逃したので転載する。  出演は自民党の田村憲久、共産党の小池晃、呼吸器内科医の倉持仁、世田谷区長の保坂展人のみなさんで、解説者は堤伸輔、司会は松原耕二。 ******************** (原文のまま)  《アベノマスク再配…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正気か?さらに504億円投じマスク8000万枚配布?

 安倍政府は、介護施設や保育所、幼稚園など向けに布マスク8000万枚を新たに配るという。  総額約466億円の予算で始めた全戸向けの布マスク2枚の通称「アホノマスク」うちにも遅くに届いたが、気持ちが悪くて一度も触ったことがない。第一、こんな粗悪品が466億円もするはずがない。  カネの出どこは私たちの税金だから、コロナにかこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスクを付けていないと「逮捕」されるフィリピン!

  人混みを避け、マスクを着け、手洗いを励行すれば新型コロナウイルス感染は避けることが出来ると言われている。欧米でマスクをしていると不審者と間違われるので欧米では、マスク着用を嫌がる人が多かった。  ところが、コロナがそんなこれまでの”常識を覆した。マスク効果が実証されてきたからだ。”フィリピンではマスクを付けないと逮捕されるそう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスクの値段が急落! 第2波に備えて今のうちに準備を!

 マスクの値段が急落したという。安い輸入品が流通するようになり、国産品も大手企業が生産量を増やしているためだ。  だが、新型コロナウイルスの第2波、第3波が襲ってくる可能性が高い。安いなら、今のうちに確保しておきたい。 ************************** 日経によると、「国産マスクは1枚50円程度で売…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

届かない「アホノマスク」! 「今さら要らない」の声!

 アベノマスクいつ届く 安倍首相の地元山口県 店舗では既に山積み販売 「今さら要らない」の声もー。  これは瀬戸内の中国地方の有力紙、中国新聞が伝えた見出しである。  いつになっても届かない布マスク2枚の通称「アホノマスク」。  東京在住の私のところにもまだ届いていない。  ハッキリ言って「あんな不潔なものは要ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナゾ深まる「アホノマスク」466億円の真相!

 布マスク2枚の通称「アホノマスク」は466億円と言ったのが実際は「90億円程度」と官房長官の菅義偉。  本当の金額はいくらなのか? また差額の数百億円はどこに消えたのか?  新型コロナウイルスは100年来の日本の重大危機である。これこそ本当の国難だ。この有事のさなかに「アホノマスク」でひと儲けを企む輩がいる。  ア…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

466億が90億に変身した「アホノマスク」の七不思議!

官房長官の菅義偉は、通称「アホノマスク」の布マスクについて当初の調達積算額より少ない「90億円に収まる」と言った。 安倍政府は全戸2枚の布マスクの費用は466億円と明言したはずだ。 いくらなんでも「高過ぎる」と世間が激しく非難したため慌てて90億円説を持ち出した。 国の予算がこんなに簡単にコロコロ変わるものなのか? …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

必読!久々に登場した大局観に立った経営者!

 サラリーマン社長は、とても口にできない言葉がこの人の口からポンポン飛び出した。 1、企業の目的は売り上げと利益だが、その前に国民が豊かにならなければいけない。 2、経営者は社員が預金を取り崩さなくても生活できるように雇用を維持すべきだ。 3、東日本大震災の際、我慢して雇用を守った企業は社員のロイヤルティーが高まり、素早く復興…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスク不足の原因は中国による輸出規制だった!

 安倍首相が2月に記者会見の場で公言した「6億枚マスク」はその後、音沙汰知れずだった。  ところが、アイリスオーヤマの大山健太郎会長の20日、西村康稔経済再生担当相とのテレビ会議で事情の一端が判明した。  大山会長によると、アイリスが中国の大連と蘇州の2工場で生産しているマスクの輸入が、中国の輸出規制の対象となった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

布マスク発注先、厚労省が「隠す1社」に疑惑深まる!

 社民党・福島みずほの追及でやっと布マスクの発注先3社を明らかにした安倍政府は、残る1社についてはいまだに名前を白状しない。  どうして1社だけ隠すのか?  全戸2枚のマスクに「466億円」の巨額を浪費した安倍政府。  そのカネのでどこは私たちの税金だ。血税の使い道を明らかにするのは義務である。  政府主催の「桜…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍晋三が言った「6億枚のマスク」はどうなった?

 2月29日に緊急記者会見した安倍晋三は、「3月は1月の生産量の2倍を超える月6億枚以上の供給を確保します」と宣言。  さらに「例年の需要を十分に上回る供給を確保できますので、国民の皆様には冷静な購買活動をお願いしたい」と呼びかけた。  マスクの生産設備を新増設する企業向けの補助金制度も新設し、大増産を目指すと胸を張った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1枚8円マスクがなぜ25倍の200円になるのか?

 3月に入れば「6億枚のマスクを生産」と記者会見で言った官房長官の菅義偉の言葉はウソだった。  あの時、会見場にいた記者たちはその後、「6億枚のマスクはどうなった?」と誰一人質問しない。  相手が言うことを機械的に伝えるだけの情けない道具になった。彼らは記者でなく、広報員である。  ドラッグストアや薬局の店頭からマスク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more