テーマ:新型コロナウイルス

南アで見つかった最強最悪コロナ「オミクロン株」!

 ロイターによると、世界保健機関(WHO)は26日、南アフリカで検出された新型コロナの新たな変異株「B.1.1.529」を「懸念される変異ウイルス(VOC)」に指定したと発表した。  「疫学上有害な変化」が認められたとし、他の変異株よりも感染が急速に拡大する恐れがあるとしている。  VOC指定は5番目。ギリシャ文字の「オミク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これまで見た中で「最悪のコロナ」と英専門家が警告!

 日本は感染者が激減したとして新型コロナウイルスの規制を次々と撤廃するなど緩和に向かっているが、大変なことが起きている。これまでにない強力な新型コロナの変異株が南アフリカで見つかった。  既に欧州でも香港でも見つかった。英国はアフリカからの航空便を全面停止するという。  日本はどうか?12月から1月にかけ、インフルエンザの大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

重大な懸念! 南アフリカで新たなコロナ変異株検出 !

 何度も指摘している通り、ウイルスは人のからだを通して感染を繰り返すうちに、突然変異を起こす。  そしてさらに強力になっていく生き物だ。ゆめゆめ侮ってはならない。人間とウイルスのどっちが勝つか?  南アフリカでまた新たなコロナが見つかった。これを受け今日の株式市場市場は急落し、全面安となった。 ************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲みニケーション「不要」6割、コロナで意識に変化!

 酒もタバコもクセのもので、何かのきっかけで酒を飲まなくなると、改めて飲みたいと思わなくなるものだ。私がそれだ。  今はボランティア落語会が終わった後に「反省会」と称して、落語仲間と軽く一杯やる程度で、ふだんは飲まない。  タバコも30年以上前に止めた。習慣を断つと止められる。  コロナ前とコロナ後。こうなると思ってい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

数か月後には「ワクチン接種か死か」ドイツ保健相!

 AFPによると、コロナ感染爆発が続くドイツのシュパーン保健相は22日、数か月後には国民の大半が「ワクチン接種か回復、あるいは死亡」のいずれかになると警告し、ワクチン接種を強く呼び掛けた。  過去24時間の死者は62人、新規感染者は3万643人。累計の死者は約10万人、感染者は530万人超となった。  ドイツでは、数週間前か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本は大丈夫か? ドイツは新規感染者が過去最悪!

 コロナのワクチン接種率が高い欧州各国で再び感染爆発が起きた。ドイツは新規感染者が過去最多を更新した。フランスでは40歳以上への3回目のワクチン接種を政府に勧告した。  感染者が激減した日本は、規制を大幅に緩和し、海外からの人の入国を拡大したが大丈夫なのか?   ***************************  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

様変わり! コロナ前の生活状態に戻らないが75%!

 野村総合研究所の「日常生活に関する調査」で、コロナ前の生活状態に戻らないとみている回答者は75%だった。  「オンライン化・デジタル化が浸透した今の生活様式に慣れた」が20%近くあった。  75%の回答者に自由回答の形式で理由を尋ねた。「完全に収束するとは思えないから」が41.1%で最多だった。  次いで、コロナ禍を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ感染6波は来年1月中旬から2月とAI予測!

 今夏の新型コロナの感染爆発はなぜ急激に収束したのか?  専門家は考察を重ねてきた。ワクチン接種や人流の増減だけでは説明がつかない中、感染の「120日周期」という新たな仮説が加わった。  これを学習した人工知能(AI)が唯一、人流増加でも感染者が減ると予測していたという。周期のメカニズムは不明だが、AIによると、第6波は来年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1剤に最大20億円支援!コロナ薬開発で岸田政府!

 ビックリ仰天だ。毎日新聞が「コロナ治療薬開発 政府、1剤につき最大20億円支援へ」と、こんな記事を書いた。 **********************  政府は新型コロナウイルス感染症の治療薬開発に向け、一つの治療薬に対し最大で20億円の開発費用を支援する方針を決めた。  自宅で服用できるため早期に服用して重症化を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

企業の7割がコロナ禍で忘年会、新年会開催せず!

 コロナ感染者が激減した。ハッキリした原因は分からない。経済活動は元に戻りつつあるというが、忘年会や新年会を「開催しない」という企業が7割を超えた。 ***********************  東京商工リサーチが実施した企業向けアンケート調査(有効回答8174社)で、緊急事態宣言やまん延防止等重点措置に関係なく忘年会、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍で飲食店の1割の4万5000店が閉店!

 新型コロナウイルスの感染拡大以降、全国の飲食店の閉店が4万5000店に上ることが日本経済新聞とNTTタウンページ(東京・港)の共同調査で分かった。  全体の1割に当たる。自治体の時短協力金では十分に支えきれないことが浮き彫りになった。  国は営業制限を段階的に緩和する方針だが客足がコロナ前まで戻るかは不透明で、支援を急ぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドイツの再感染拡大は「あしたの日本」見ている現象!

 ドイツ国内の新型コロナウイルスの新規感染者が5日には3万7120人に上った。去年春に感染が拡大して以降、1日の感染者数としては最も多く、2日連続で過去最多を更新した。  ロシアでは、1日あたりの感染者の数が、政府の発表でこのと4万人に上っているうえ、4日には1日の死者がこれまでで最も多い1195人となった。米国や韓国も急速に感染…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

欧州で新たに50万人のコロナ死者出る怖れとWHO!

 ロイターによると、 世界保健機関(WHO)のハンス・クルーゲ欧州地域事務局長は4日、域内で新型コロナウイルスの新規感染者数と死者数が急増していることから、欧州各国はさらなる感染拡大を抑制する取り組みを強化する必要があると述べた。  記者会見で、欧州地域53カ国の現在の感染率は「重大な懸念」事項であり、感染力の強いデルタ変異株によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

家庭で服用できるコロナ飲み薬を英国が世界初承認!

 英医薬品規制当局は4日、米製薬大手メルクなどが開発した新型コロナウイルスの飲み薬「モルヌピラビル」を承認したと発表した。  ジャビド英保健相は声明で「英国は家庭で服用できる新型コロナの抗ウイルス薬を承認した最初の国となった」と強調した。  モルヌピラビルは、ウイルスの侵入や増殖を防ぐ抗ウイルス薬。自宅で服用が可能なため、医…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都のコロナ新規感染17人!今年最少を2日連続更新!

 東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに17人報告されたと発表した。  24日の19人を下回り、今年の最少を2日連続で更新した。50~90代の男性3人の死亡も確認された。  新規感染者数は直近7日間を平均した1日当たりで29.6人に減少し、前週比は51.4%。  前日と比べ、入院患者のうち重症者は2人減の2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワクチンの有効性は時間が経つと低下する」英保健相

 新型コロナウイルス感染者の激減で次々、「規制解除」の日本にとって、英国の状況は決して他人事ではない。あすは我が身と心得るべきだ。 *********************** 東京新聞が伝えた深刻な実態。  英国でコロナの感染が再拡大。20日の新規感染者は4万9139人で、8日連続で4万人を超えた。ジャビド保健相は「感…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ロシアの感染者数800万人突破!死者も22万人!

 ロシアが凄いことになっている。自国のワクチン接種に懐疑的な国民が多く、ロシア国民の半数以上が接種を受けるつもりはないと拒んでいると言う。  その結果、コロナの感染爆発が止まらず、感染者数が800万人を突破。死者も22万人を超えた。 ********************** 時事通信の報道。  ロイター通信による…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨額の補助金受け取り、コロナの面倒見ない国立病院!

 新型コロナウイルスに対しては、国立病院などは総力を挙げて対応してきたものと信じていた。が、そうではなかった。  アリバイつくりか、「付き合い程度」の患者を受け入れて、巨額の補助金を受け取っていたり、中にはカネだけ取って1人のコロナ患者も受け入れなかった国立病院があった。  尾身茂が理事長を務める「独立行政法人 地域医療機能…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスク未着の場合はコロナ感染リスクが4倍に大幅増!

 会食やカフェの利用時にマスクを着用しない人は、会食などに1度も行かない人に比べて、新型コロナの感染リスクが約4倍になるとの分析結果を、国立感染症研究所が6日、明らかにした。 「飲食の際は、少人数、短時間とし、食事中以外はなるべくマスクを着用してほしい」と専門家は呼び掛けている。  6~7月に発熱外来を受診した成人のうち、新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武漢発のナゾの伝染病に関してまた新たな疑惑発覚!

 新型コロナウイルスと称する中国・武漢発のナゾの伝染病に関してまた新たな疑惑が飛び出した。  PCR検査機器を大量調達していたことが発覚した。習近平中国が武漢での第一発見者の口封じをしたこと自体、説明がつかない。  原因究明の国際調査団の派遣をかたくなに拒んだ。発生から1年後にやっと受け入れた時には、跡形もなくきれいに清掃さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朗報!コロナ治療で飲み薬! 年内にも国内スタート!

 毎日新聞によると、政府は、新型コロナウイルスの軽症者向け治療薬として、米製薬大手メルク社の飲み薬を日本国内で年内にも特例承認し、調達する。  飲み薬は自宅で服用できるなど扱いやすく、ワクチン接種とともに感染対策の切り札となる。今後の調整次第では年内にも国内で流通する可能性が出てきた。  年内調達を目指しているのは、メルクが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ご存じだったか?国内コロナ感染者が170万人突破!

 「感染者が激減した」「緊急事態宣言が解除された」と、みんな喜び勇んで外に飛び出した。2日の土曜日は朝早くから行楽地に向かう幹線道路はどこも渋滞が続いている。  ちょっと待ってくれよ!   新型コロナウイルスは終息したわけではない。ウイルスは人から人へと感染を重ねることでドンドン強力になっている。その証拠が変異種コロナのデル…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

無知な日本政府はシンガポールのコロナ惨状に学べ!

 人口の8割超が新型コロナのワクチン接種を完了したシンガポールで新規感染者の増加が止まらない。  2回ワクチン接種後に感染する「ブレークスルー感染」が相次いでいるためで、1日の新規感染者数が、人口が約50倍の隣国インドネシアを上回るまでになった。  (以上日経) *************************  ワ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

軽症患者用のコロナ治療薬「ソトロビマブ」を承認!

新型コロナウイルスに関する朗報だ。  抗体を投与することでコロナの働きを抑える新たな治療薬が27日夜、国内で承認された。英国の製薬大手グラクソ・スミスクラインの「ソトロビマブ」。  重症化のリスクが高く、かつ酸素の投与が必要ない軽症または中等症の患者で、新型コロナウイルスの働きを抑える「中和抗体」を点滴で投与する。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

武漢ウイルス研究所が人間への感染高める研究を計画!

 「中国・武漢研究所が遺伝子操作でヒトへの感染力を強める実験を計画していた」とニューズウィークが報じた。  習近平政府は最初に武漢で新型コロナウイルスが発生した際、ネットでこの事実を知らせた医師を「デマを吹聴した」として逮捕、拘束した。医師はその後死亡した。  なぜ、そんなことをしたのか?隠ぺいしなければならない理由があるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「もう死ぬかと思った」と死の恐怖を振り返る大学生!

 デルタ株の猛攻で20代から30代の若い世代の感染が増え、中には症状が悪化し、死亡する者も出てきた。呼吸困難に陥った20歳の男子学生が「もう死ぬかと思った」と死の恐怖を振り返った。  大阪府内に住む20歳の大学生の男性で先月下旬、頭痛と38度の発熱で近所の病院に行ったところ感染が確認。  もともと格闘技をしていて基礎疾患もな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国のコロナ死者は世界最多の66万5000人!

 ANNによると、米国で新型コロナによる死者が66万5000人を超えた。米国の500人に1人が新型コロナで死亡したことになる。  16日、米国で新型コロナにより死亡した人は世界で最も多い66万5282人となった。  パンデミックが始まってから19カ月で、3億3000万人いる米国の総人口の500人に1人が新型コロナによって死亡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スマホで「ワクチン接種証明」にマイナナンバー活用!

 海外ではすでに実施している「ワクチン接種証明」。  いつまでも緊急事態宣言、延長、解除、宣言を繰り返していてはラチが明かない。  コロナは2年や3年で撃退できないだろう。人から人へと感染を重ねることで突然変異を起こし新種が登場するからだ。人間とウイルスの知恵比べ。  自己防衛しながら生きるほかない。 *****…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚きの真実! ステロイドがコロナ治療に効果発揮!

 おはようございます。9月17日金曜日。秋の天気は移り気で、昨日の晴れが、今日は一転、元の曇り空に戻りました。  さあ、今日も元気にブログ「半歩前へ」のスタート。  「毒薬」と称して恐れ現在、私が毎朝、服用中のステロイドがコロナ治療に効果があると知って驚いた。ステロイドは、がんの治療にも広く使われているそうだ。  しか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more