テーマ:報道

記者の腕掴み安倍晋三への質問を「やめろ」と官邸職員!

 安倍政府の傲慢ぶりがだんだんと露骨になってきた。  官邸職員が、安倍晋三に質問しようとした記者の腕を掴んで「やめろ」と妨害したという。  こういうことを許してはならない。  メディアは今こそ主張の違いを脇に置いて、団結して官邸に強く抗議すべきだ。  安倍内閣のやることを「またか」と「慣れ」になってはいけない。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神の手を持つ日本人ドクターがコロナに罹った!

 神の手を持つ日本人ドクターとして、その名を世界に轟かせたのがコロンビア大学医学部外科教授で外科医の加藤友朗医師だ。  「もう切ることができない」と診断される場所にできた7歳の女の子の腫瘍を取り除くために、おなかの内臓をいったん全部、体の外に出して(当然、血管も全部切り離す)、  腫瘍を取り除いた後、再び臓器をおなかの中に戻…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界で反響呼ぶ「武漢日記」が中国で「発禁」!

 メディアが率先して出版や言論の自由を妨害するなど日本人の常識では考えられない。  だが、中国のメディアは習近平率いる中国共産党の100%完全な影響下にある。中国共産党に従うことを「誓約」させられており、共産党政権への批判は一切許されない。すべてが共産党政権の「機関紙」である。  トランプも常軌を逸した大統領だが、米国メディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これだけあった安倍政権の不祥事一覧!

 週刊誌の「女性セブン」が並べた安倍政権の不祥事一覧。  森友事件以降、女性誌が検討している。「女性セブン」による「保存版」を全文転載する。 ************************* 「安倍政権、7年半の不祥事を振り返るとこんなにあった」と「女性セブン」  7年半続いた安倍政権の終わりと、新しい時代の始まり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

聞くに堪えない麻生と二階の密談の中身!

 報道によると、麻生太郎と自民党の二階俊博が15日夜、東京・銀座のステーキ店で会食した。  2人は「選挙になれば立憲民主、国民民主が一つになることもあり得る」と話していたと言う。  感染拡大が続き、新型コロナウイルスの第2波が来るのではと多数の国民が不安視する中で、党利党略のことしか考えていないとは、嘆かわしくて言葉が継げな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

茶番劇!「ばかにしている。一字一句、同じ文章」

 これはもう、笑うほかない。  公明党幹部が今の今まで気が付かなかったと言うのもお粗末だ。  与党だから自民党とすり合わせをしたはずだ。  報じるマスコミも間抜けのそしりを免れない。  同じ文言に記者が気づかないのはみっともない限り。まともに資料を読んでいないのか?  マスコミは全員、この日の指摘があるまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会見動画を見て山本太郎の頭の良さに脱帽!

 都知事選の結果を受けて山本太郎が5日夜、記者会見した。  会場には雑誌やスポーツ紙を含めて共同通信やNHK、TBS、朝日、読売ら多数の記者が詰めかけた。 この会見を見て感じたのは  1、 山本太郎の頭の良さである。会見の途中でTBSとニコニコ動画の生中継が別々に入った。事前の打ち合わせなどない中でイジワル質問にも間髪…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毎日新聞、朝日の物申す!これだけは言いたい!

 毎日新聞が7日の社説で「小池百合子氏は4年前の知事選で、7項目の政策課題を解決する7つのゼロを掲げた。しかし、パフォーマンスに成果が伴っていない」と書いた。  それを言うなら、都知事選の期間中に指摘してほしかった。なんか、選挙結果が出た後で「後出しジャンケン」のようなことを言うのはいかがなものか。    同様に朝日が社説で今…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

終始、山本太郎に密着取材した「長周新聞」に感謝!

 「密着・れいわ新選組 山本太郎 in 東京都知事選」【写真速報10】と題して「長周新聞」が山本太郎の都知事選最後の訴えを伝えてくれた。 詳しくはここをクリック https://www.chosyu-journal.jp/seijikeizai/17961  「れいわ新選組」のホームページでは、それぞれの演説の様子まで知る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「不公平な都知事選」を黙認したメディアの罪!

ムチャクチャな選挙だった。終日、テレビ電波を独占して小池百合子。そのほかの候補は雨の中でひたすら街頭演説。 ただの一度もテレビ討論会を開かずにこうした「不公平な選挙」を黙認したメディアに責任はないのか? 小池百合子とメディアの共通項は来夏の「五輪開催」である。利害が一致。 彼らにとって真っ向から「五輪中止」を掲げる山本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞各社の記者をうならせた産経一面の記事!

 産経の7月1日の朝刊がすごいとマスコミ業界で話題になっている。急いで調べた。  一面トップの題字下に業界用語で「白字ベタ黒」という真っ黒な背景に白い文字が浮かび上がる最も目立つ記事である。  こんな紙面を見たことがない。中国政府による民主主義「圧殺」への「憤り」が見て取れる。  「香港は死んだ」の見出しに続いて、以下…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

10割の間違いではないか東京新聞?

東京新聞が、小池都政への評価は? 肯定派が8割【都知事選世論調査】と書いた。 10割の間違いではないかと思った。 それはそうだろう。小池百合子はコロナを最大限に利用して、「3密を避けて」「今日の感染者は」と連日いテレビに登場。ワイドショーがこれをネタに朝も、昼も、午後も、一斉に垂れ流す。小池百合子オンパレードだ。 前回…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

密かに小池百合子の再選を期待するメディア!

来週のきょう、7月5日に投開票となる都知事選だが、都民の関心は前回ほど高くない。 なぜか? メディアが選挙報道をサボタージュしているからだ。 安倍政権になって有権者の政治不信に拍車がかかった。 投票権があるにもかかわらず、全有権者の半数5000万人が選挙をボイコットする始末。 だったら、なおさらこの選挙を積極的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都知事選はメディアと小池の「出来レース」?

都知事選は読売の調査によると、立憲民主党の支持層でも約4割が小池百合子を支持するなどと、「現職優勢」を打ち出している。 小池百合子はコロナにかこつけて毎日、テレビに出続けだ。 視聴率1%が100万人と言われている。 そのテレビを独占しているのが小池百合子で、ほかの候補は街頭に出て、のどをからして必死に訴えている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再質問を許さない安倍内閣の記者会見!

「それでは、次の質問の方、どうぞ」ー。安倍晋三会見はおざなり答弁に記者が再質問しない。記者から二の矢が飛んでこないのだ。  安倍内閣になってから再質問できないルールになったそうだ。  なぜ、内閣記者会は、このような一方的なルールを拒まなかったのか?  質問項目だけ出して、それに安倍が言いたいことだけ答えて「はい次の方」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

直言!「日本人が浅慮になった」と久米宏!

  久米宏が27日、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組の最終回に出演して「日本人が浅慮になった」と言い残した。  「ラジオで話してる人って、SNSに比べれば起承転結がしっかり話してるんだよね。  途中まで聞くと危ないんだけど、最後まで聞くと『あぁそういうことなのね』って腑に落ちるような話をしてて。  SNSみたい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナで産経と朝日の立場が「逆転した」と森本毅郎!

▼小池百合子知事は25日、「急激に感染者が増加する『第2波』の状況ではないという見解を専門家からもらっている」と話した。感染経路が追えており、クラスター対策が可能とみているからだ。   ▼病床には余裕も出てきた。入院患者用の1千床、重症用の100床に対し、25日時点でそれぞれ218人、19人にとどまる。 ▼PCR検査数は約4・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ禍!共同通信が人員削減に踏み切った!

 中国発の新型コロナウイルスは世界を完膚なきまで打ちのめそうとしているが、マスコミ界も例外ではない。  日本を代表する通信社、共同通信が人員削減に踏み切った。  現在約1600人いる正職員を2028年度までに1300人台にする方針であることがわかった。プレジデントオンラインが次の通り伝えた。 *************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マスコミはなぜ、この点を指摘しないのか?

 新型コロナウイルスの感染者は24日、国内で新たに95人が確認された。東京都では55人の感染が判明。都で1日当たりの感染者数が50人を超えるのは5月5日以来で、緊急事態宣言が解除されて以降最多となった。 これについて中野晃一がツイートした。  「ここからこの数字がさらに上がっていかない理由がない。それでも何も考えずに自己…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初恋の相手を思い出すかのような自民党!

また自民党が思い出したようにこんなことを言ってきた。 官民のデジタル化を推進し、地域分散型の「デジタル田園都市国家」を目指す。 初恋の相手を思い出すかのように時々、地域分散や一極集中の解消、あるいは首都移転を持ち出す。 だが、いつも線香花火で終わる。官僚たちが東京を離れたくないと強硬に反対するからだ。 マスコミは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣記者会と官邸情報統制の共犯者!

立川談四楼がツイートした。全くその通り。  「官邸記者クラブ(内閣記者会)は情報統制の共犯者」とはよく言われるが、こないだの産経女性記者も酷かった。  河井夫妻逮捕、コロナ禍の最中に憲法改正を煽るような質問をし、安倍さんに気持ちよく喋らせたのだ。  なるほど「総理慰労会」だとバカバカしさに呆れ果てたが、官邸記者は視聴率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

これが今、話題の共同通信の記事である!

「国会で野党はだらしなかったか」と題してジャーナリストの尾中香尚里が共同通信に寄稿した記事が話題を呼んでいる。 まだ目を通していない人は以下を見てもらいたい。原文は大変長いので、私が小分けして、それぞれに見出しを付けて転載した。 1回目の「コロナ国会で存在感を発揮し大健闘の野党」から、最終回の「もはや国民自身が政治を監視する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚愕!若い記者が尊敬するのは田崎スシロー!

 元NHKの立岩陽一郎が6月18日に行われた国会閉幕後の総理会見を見て「終わっている」 と言った。  国会が閉会したことを指しているのではない。機能停止した官邸記者クラブを痛烈に批判したのである。あれは、単なる「総理の慰労会」と立岩。  彼だけではない。私の親しい共同通信や毎日新聞のOBたちは同様に嘆いていた。その中の一…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

もはや国民自身が政治を監視するほかない!

 ジャーナリストの尾中香尚里が共同通信に寄稿した「国会で野党はだらしなかったか」の 「なんとなく安倍首相支持」でよかったのか? https://kot8asb9070.at.webry.info/202006/article_225.html?1592655364 の続き  新型コロナウイルスは全世界を等しく襲った。世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

産経で世論調査データの不正入力が発覚!

 今回のフジ、産経に限らず、メディアは重要な内閣支持率などを世論調査専門の会社に委託している。その結果がこんな事態を招いた。  経費節約が趣旨なら、調査の回数を減らすべきだ。  メディアの内閣支持率の調査結果への信頼が失墜したことは間違いない。 ********************** フジテレビがこう言った。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

本質を素通りして「美談」に群がるマスコミの罪!

「コロナ困窮の留学生を大使館が支援 そんな美談に群がるマスコミの罪」とした 出井康博さんの記事は、注目に値する記事である。 物事の本質を素通りして「きれいな話」に仕立てるマスコミの定型パターン。 コロナ禍で自粛が解除となった町の声と言う、あのスタイルを思い出してほしい。 自粛解除で「よかった」という声と、「早すぎる」と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

早くも飛び出した山本太郎への攻撃!

 昔から「出る杭は打たれる」という。さっそく朝日新聞系列の雑誌AERAが悪意に満ちた記事を載せた。  山本太郎のことを「稀代のポピュリスト」と決めつけ、誹謗中傷するなど口汚くののしった。  「山本太郎が知事選に強行出馬した背景とは? 説得した小沢一郎がさじを投げるまで」と題する記事を書いた中原一歩なる男は、どこまで山本太郎の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

内閣官房に電通から4人の社員が出向!

 安倍政府の内閣官房に電通から4人の社員が出向していた。12日の野党合同ヒアリングで判明した。  どうして広告代理店の社員が国の中枢である内閣官房に潜り込んでいたのか? ナゾが残る。  日本国家の重要方針が一広告代理店に筒抜けになっていたら、「おいしい話」をひとり占めすることが出来る。  当然その見返りはあるはずだ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

開けてビックリ玉手箱! お粗末な解説記事!

 主見出しに「かつてない危機の中、国トップの説明責任はどうあるべきか」と書いた。  さらに「コロナ禍、安倍首相の記者会見の姿勢に疑問の声」とサブ見出しにあるので、興味を持って読んでみた。  余りのお粗末な中身に、ガッカリした。(共同通信=鈴木拓野、松井健太郎)などとわざわざライターの名前まで記してあるので、相当突っ込んで書い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京都庁の記者クラブもゴマすりヨイショ集団だった!

官邸も、警視庁も記者クラブは親衛隊で占められているが、 都庁担当の記者たちも都知事・小池百合子の親衛隊に成り下がっていた。 不都合な質問には答えない『女帝』にヨイショ質問連発の記者クラブと題してフリージャーナリストの田中龍作がなれ合い会見の実態を伝えた。 「権力の監視」と言う本来の使命を忘れて、太鼓持ちに徹していてはマスコミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more