テーマ:報道

香港言論の自由を命を懸けて守り続けたリンゴ日報!

 香港の言論の自由を命を懸けて守り続けたリンゴ日報が廃刊に追い込まれた。中国共産党の兵糧攻めに遭い、資金が底を尽き、輪転機を止めざるを得なくなった。  悔しい思いはどれほどか。報道の現場を知る毎日新聞がリンゴ日報最後の日を伝えた。 ******************* 資産凍結という強権 香港・リンゴ日報廃刊 民主化の象…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京スポそれとも朝日? どっちが報道機関だと思う?

 東京スポーツと朝日新聞。IOCなど五輪貴族や大会スポンサーを特別扱いして開会式の人数枠を2万人に増やす案を痛烈に批判する東京スポーツ。  これに対して、新聞社として正式に大会スポンサーとなった朝日は記事に「批判」の文字はかけらも見当たらない。ただ大会の動きだけを書いている。  以下を読み比べて、あなたはどっちが報道機関だと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

何でもかんでも「批判すればいい」ものではない!

 「G7首脳の中でぽつん」と毎日新聞が菅義偉首相についてネットの声を載せた。 ツイッター上では「国際的孤立感がある」「おいてけぼり」「一般人と違い、首相の立ち居振る舞いは批判の対象」などと皮肉る声が上がった。 (以上 毎日新聞) *******************  「G7首脳の中でぽつん」は菅義偉に限ったことではない。 安…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本のマスコミが隠した東電原発の「恐怖の真実」!

半歩前へ 2015年04月15日の再録 ▼福島第二も危なかった  衝撃の書が発売された。「菅直人首相が3500万人の住民を東京から避難させる計画を立てていたころ、福島第一原発から数キロ離れた福島第二原発の4つの原子炉をはじめとする、他の原子炉も危険にさらされていた」ー。  「終わりなき危機  日本のメディアが伝えない、世界…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

毛色が違ったアジア人が1人加わった!日本の首相だ!

 毎日新聞が菅義偉首相について「G7首脳の中でぽつん」との見出しを付けた記事を載せた。  G7首脳による記念撮影の後、米バイデン、仏マクロン両大統領らが肩を寄せて話し込みながら移動したのに対し、菅首相は黙々と後方を歩く様子。  エリザベス女王との記念撮影後も、女王を囲んで歓談する英ジョンソン、独メルケル、カナダのトルドー各首…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仰天!「変異株にワクチン効果大幅減も」と共同通信!

 「変異株にワクチン効果、大幅減も」と共同通信がセンセーショナルな見出しを付けて16日夜、配信した。  記事をよく読むと、「接種を受けた約10人の血液を集め、ウイルスの感染力を弱める反応が起こるかどうか調べた」とある。  たった10人調べただけで、こんな結論を導き出すのは、ちと、早とちりではないか?  ワクチン治験では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

取材の基本を知らない記者が書くと記事がこうなる!

 これはお粗末な記者の代表例である。  一人前の記者なら取材する前に調べて、過去の「基本的なデータ」には目を通しておくものだ。  ところが、間抜けな記者は、基本知識もないまま、いきなり取材し、後で恥をかくことになる。 毎日新聞  「G7首脳の中でぽつん 菅首相の「ディスタンス」に批判と同情」 詳しくはここをクリック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「新聞は出て行け」と首相!「出よう」と記者団!

 1962年から始まったNHKのテレビドラマ「事件記者」は、平均視聴率40%を誇る超人気番組だった。  正義感に溢れ、不正を許さず、どこまでも悪を追いかけるー。子どもたちは、このドラマを見て新聞記者に憧れた。だが記者は司法試験をしのぐ超難関の狭き門だった。  新聞は「社会の木鐸」と言われ、「気骨」があった。庶民から絶大な信頼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ふざけるな!」とNHK記者を怒鳴りつけた菅側近!

 傲慢にもほどがある。一体、彼らは何様のつもりなのか?   誰のおかげでメシが食えると思っているのか? われわれの税金だ。ズ(頭)が高過ぎる。  取材陣も取材陣だ。1社が罵倒されたら、残りの各社が反撃の矢を放つべきだが、じっと様子を眺めるだけ。なぜ、反論しないのか?  1人ぐらいジャーナリストはいないのか?  記者がサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

断崖絶壁の業界!朝日27年7カ月ぶりに新聞代値上げ!

 朝日新聞社は10日、朝夕刊セット版の月ぎめ購読料を7月1日から363円値上げして税込みで4400円にし、朝刊のみの統合版は407円上げて3500円にすると発表した。  消費税増税時を除いて値上げは1993年12月以来、27年7カ月ぶり。販売・広告収入が減る中、経営努力が限界に達したという。  朝刊1部売りは150円から16…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読売記者が聖火リレーの見物客を骨折させていた!

 聖火リレーの見物客で3密となった現場で、読売新聞記者が観客を骨折させていた。  この事実を東京五輪大会組織委は非公表としていたことが週刊文春によって明らかになった。  3密になれば直ちにリレーを中止すると言ったはずだが、今も続いている。組織委は、やっていることがデタラメだらけ。 *******************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日と同じような「ソンタク」記事を書いた毎日新聞!

毎日新聞も朝日と同じような「ソンタク」記事を書いた。 ご親切なことに、いのちの相談窓口の電話番号付きだ。 こんな奇妙な書き方をする裏には、「どこからかの差しがねがあった」のではないか? そうとしか思えない。 ***************** 毎日新聞。 都営浅草線にはねられ男性死亡 JOC幹部職員、ホームから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

文春砲の出番だ!JOC自殺報道に後ろ向くメディア!

先ほど週刊文春あてに以下のメールを送信した。  JOCの現職部長が自殺しました。ところが日本のメディアはなぜか動こうとはしません。  五輪開催を目前にし、「どこからか」圧力がかかったのでしょう。  この上は頼りになるのは週刊文春しかありません。出番です。 参考資料を送信します。 ▼東京五輪でついに自殺者! …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝日新聞社が報道機関としての責任を「放棄」!

 朝日新聞がこんな奇妙な記事を書いた。 朝日新聞デジタル 6/7(月) 20:21配信 「日本オリンピック委員会の経理部長、電車にはねられ死亡」  7日午前9時20分ごろ、東京都品川区の都営浅草線中延駅で、男性がホームに入ってきた普通電車にはねられた。男性は約2時間後に搬送先の病院で死亡が確認された。  男性は日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実名報道わずか4社と言う怖ろしいマスコミの実態!

 7日午前9時20分ごろ、都営地下鉄の浅草線・中延駅のホームから線路に飛び込み自殺した男性について、「日本オリンピック委員会(JOC)の経理部長、森谷靖さん(52)」と一番最初に報道したのは「産経新聞」だ。  それも昼になってやっとである。日テレも同様に放送したが、第一報では名前を伏せて、のちに実名報道。  7日午後9時まで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

けさの東京新聞の記事「310万人」に衝撃が走った!

 東京新聞の、五輪観客「プロ野球並み」の基準ならば310万人の記事が波紋を広げている。  仮に観客席を半分に減らしても、これだけの人が移動すれば、乗り降りをする会場周辺の駅は、特定の時間に人が集中する。感染が避けられない。  コロナの大量感染者に加えて、真夏の熱中症が無視できない。万が一、各地で同時に感染爆発が起きたら、誰が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

定年まで絶対やめるな! 居座ることも重要な抵抗だ!

 朝日新聞社で、早期退社に応募した記者たちが次々と辞めていくという。この傾向は朝日に限ったことではない。同業他社も同じである。モノ言う記者にとって新聞社が居づらく、息苦しいのだ。  メディアをここまで追い込んだのは安倍晋三である。気に入らないメディアには、権力をチラつかせて次々追い込んでいった。  NHKのトップのクビをすげ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NHKや朝日、毎日、読売、産経が書かない重大事実!

 東京五輪を大型スクリーンで中継するライブを全国250会場余りで計画とは驚きだ。こんなイベントを各地で開いたら、お祭り気分が高揚し、人、人、人の渦で感染爆発が確実に起きる。変異種コロナを拡散する気か?  コロナ感染防止のために、あれほど「密集、密接、密閉の3密」を避けろと言った政府や東京都が推進するとはどういうことか?  こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

過去の”罪”も顧みず尾身茂を「英雄」視するマスコミ!

 政府のコロナ対策分科会会長の尾身茂がここにきて態度を急変させた。米国から日本は最も危険な国として渡航中止勧告まで出ている中で、なお五輪開催に突き進む菅政府を連日、国会で厳しく批判し始めた。  「パンデミック(世界的大流行)の中で(五輪を)やるのは普通ではない」「なぜ(五輪を)やるのかが明確になって初めて市民は、それならこの特別な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

補足説明なく平気で「バースト」と書いた記者は失格!

中学3年生が読んで理解できるように書くのが記事だ。 この記事を書いた共同通信の記者は失格。 共同通信  徳島県松茂町の徳島空港で3日、海上自衛隊の練習機が着陸に失敗した。 国土交通省の大阪航空局によると、タイヤがバーストし滑走路上で停止した。 NHK  練習機が着陸後に機体の一部が滑走路に接触して自力で走行できな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪中止が一番のコロナ治療法とワシントン・ポスト!

 IOCに多額の中継料や協賛金を差し出したNHKや朝日、読売などは絶対こんなことは言えない。IOCの片棒を担ぐなど報道機関とは言えない。 **********************  【ニューヨーク時事】米紙ワシントン・ポストは、コロナの影響が懸念されている東京五輪について、開催の方針を示してきたIOCとバッハ会長を批判し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪、挙国一致の報道! まるで太平洋戦争末期!

金子勝がツイートした。 【政府が国民から極端に離れてきた】  大型スクリーンを設置したパブリックビューイングのためと始まった代々木公園の樹木の剪定開始に抗議の声が殺到。  「政府がおかしなことをしていて、誰もがそれが理に適っていないと分かっていても、それを止める力がない」。  まるで太平洋戦争末期だ。  (以上)…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選手村「酒持ち込み特権」を報道しない一般紙の怪!

 東京五輪の選手村が「酒の持ち込み」を認められていることを伝えたのは一般紙ではなく、スポーツ新聞だった。  不思議なことに五輪報道に大量の取材陣を送り込んでいるNHKをはじめ、朝日、読売などのメディアは一切触れない。  大会組織委が選手村に超薄型のコンドーム16万個を用意している事実も大手メディアはまったく報道しなかった。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京新聞記者の質問に何一つ答えられなかった菅義偉!

 小刻みに緊急事態宣言の延長を繰り返す菅義偉。大胆な決断ができない菅義偉。前任者の安倍晋三に続いてこの男にも「首相失格」の烙印を押す。  菅義偉は宣言の延長を受けて28日午後8時から官邸で記者会見した。相変わらず中身のないお題目を並べただけの会見だった。  内閣記者会の幹事社である東京新聞記者が世論調査を踏まえ「国民が納得で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めて知った「中共」は中国共産党の公式略称だった!

 差別用語と勘違い!  モノを知らないというのは恥ずかしいことである。  一部の者が発したことがいつの間にか「正しい」として受け取り、そのまま使っていることに気づいていない。  ブログ「半歩前へ」で私が「共産中国」「中国共産党政権」あるいは「習近平中国」と書くのは、それ以前の中国と区別するためだ。  現在の中華人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

読売と産経がコロナ禍でも「五輪を開け」の大合唱!

 全国の新聞・テレビの先陣を切って信濃毎日新聞が5月23日、「東京五輪・パラ大会 政府は中止を決断せよ」と東京五輪の中止を訴えた。  25日には西日本新聞が「中止」を要求した。そして26日は朝日新聞が2社に追随した。  そんな中、読売と産経は「五輪を開け」と言った。この感覚には付いて行けない。  信濃毎日新聞とあるが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪は何のための、誰のための大会かが見えない!

 全て信濃毎日新聞の言う通りだ。パンデミック(世界的感染爆発)のさなかに五輪を強行する神経を疑う。  インド型の変異種コロナで感染爆発したら一体、だれが責任を負うのか? 内閣総辞職したぐらいでは済まない。 *********************** 信毎が指摘した。知らない人のためにひと言、付け加えると「毎日」とあるが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪に明け暮れるズサンな菅義偉内閣を痛烈批判!

 五輪に明け暮れるズサンな菅義偉内閣のコロナ対策を言論機関の雄、長野の信濃毎日新聞が痛烈に批判した。  知らない人のためにひと言、付け加えると「毎日」とあるが、毎日新聞社とは何の関係もない。 ******************** 信毎がこう批判した。  今年1月以降、緊急事態宣言が出た14都道府県で、療養中や入院…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沈黙を破って信毎が「五輪を中止せよ」と勧告した!

 数ある日本の新聞、テレビの中で「政府は東京五輪の中止を決断せよ」と信濃毎日新聞社が初めて書いた。  日本のマスコミは、海外のメディアが「ああ言った」「こう言った」と転載する新聞は多いが、自身が中止を呼び掛けるところはなかった。  朝日も、毎日も、読売も、日経も、みんな東京五輪の公式スポンサーとして名を連ねている。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more