テーマ:尖閣

日米仏と豪州が離島防衛で共同訓練!中国の覇権抑止!

 陸上自衛隊とフランス陸軍、米海兵隊が11日から始めた共同訓練にオーストラリア海軍が参加することになった。  東シナ海で4カ国の艦艇が離島防衛を想定した訓練を実施。  沖縄県・尖閣諸島や台湾への挑発をエスカレートさせている共産中国への抑止を目的としたものだ。  習近平中国の覇権の野心を未然に防止するためには、このような…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尖閣に脅威!中国初の4万トン級の強襲揚陸艦が登場!

 中国国営中央テレビは24日、習近平が出席し、中国初の強襲揚陸艦の就役式が23日に海南島・三亜で行われたと伝えた。  米軍のワスプ級に匹敵する「075型」(推定排水量約4万トン)とみられ、「海南」と命名された。  中国軍は台湾侵攻や南シナ海での紛争を想定し、今後も上陸作戦の中核を担う強襲揚陸艦を配備していく構えだ。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の尖閣は「核を含むあらゆる力で防衛」と米国!

 菅義偉・バイデン会談の後、4月16日発表した日米共同声明で、「尖閣」の防衛についてハッキリと明記した。  中国共産党政権による「侵略は断じて許さない」との強い決意を示したものだ。  日本固有の領土である尖閣諸島の周辺には戦艦と同様の機関砲を装備した習近平中国の艦船が徘徊し、挑発を繰り返している。 **********…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

習近平の「新帝国主義」に日本人の多くが強く反発!

 この調査結果は、貴重な資料である。保存しておくといい。習近平の「新帝国主義」に日本人が強く反発していることが分かる。  習近平に政権が交代してから中国が覇権をむき出しにした。これによって日本人の間に警戒感が一気に高まった。  その結果が「コロナ」や「経済」よりも、「安全保障」つまり国防を重要視するようになった。  習…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今も沖縄の漁船を追いかけ回す中国の艦船!

 八重山日報によると、第十一管区海上保安本部によると、尖閣諸島周辺の領海に侵入し、八重山漁協所属の漁船「鶴丸」に接近した中国海警局の船2隻は領海内を約26時間航行し、3日午後1時半ごろ、領海を出た。尖閣周辺での領海侵入は2日連続で、今年13日目。  領海侵入した2隻は「海警2502」「海警6402」で、2日午前11時35分ごろから…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

冷徹な「現実」と向き合うことを迫られている!

 日本固有の領土である尖閣諸島に機関砲を装備した軍艦並みの艦船を持ち込んで挑発をエスカレートさせる習近平中国について、西村明彦さんがこれを投稿した。  現実にロシアはクリミアを併合したことを個別的自衛権の範囲だと言っている。中国も南シナ海でのあのような身勝手な行動を、全て個別的自衛権の行使であると詭弁を弄している。  初心に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機関砲搭載の軍艦に追いかけ回される沖縄の小型漁船!

 機関砲を搭載した船は軍艦である。そんな中国の艦船が沖縄近海で日本の小型漁船を追いかけ回して脅している。  中国は2月の海事法を制定し兵器使用を許可した。これによって日本固有の領土である尖閣諸島周辺での挑発が一段とエスカレートした。  一方的に覇権を強める共産中国に日本は翻弄されている。 ***************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の現状変更に反対で一致! 日米2+2協議

 東京で、日米の外務・防衛の閣僚協議、いわゆる「2プラス2」を米国のバイデン政権発足後初めて開催した。中国の「海警法」に深刻な懸念を示すとともに、東シナ海などでの現状変更を試みる一方的な行動に反対することで一致した。  米国のブリンケン国務、オースティン国防の両長官が出席した「2プラス2」は16日午後3時すぎから約1時間半、外務省…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国の尖閣挑発に「日米の決意を試している」と米司令官!

 米国のインド太平洋軍のデービッドソン司令官は9日、議会の公聴会に出席し、「中国は、今世紀半ばまでに世界的な指導力で米国に取って代わろうとしている」と述べ、沖縄県の尖閣諸島周辺や南シナ海での中国の軍事活動に危機感を示した。  また尖閣諸島については、中国が空軍や海軍、海警局の公船を動員して領有権を主張し、「日米の決意を試そうとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尖閣挑発は「習近平強軍思想」の実践と中国!

 【北京時事】中国の栗戦書・全人代常務委員長は8日、活動報告を公表した。  報告は沖縄県・尖閣諸島周辺で頻繁に活動する海警局の武器使用権限を定めた海警法を制定した目的として「習近平強軍思想を貫徹し、新時代の国防と軍隊建設の必要に応えるため」と明記。  中国共産党の中央軍事委員会の指揮下にある海警局が、習近平国家主席(中央軍事…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

沖縄県・尖閣周辺での挑発を「常態化していく」と中国!

 中国国防省は1日、沖縄県・尖閣諸島の周辺での挑発を「引き続き常態化していく」と強調した。  また日本が、他国が尖閣への上陸目的で島に接近した場合、「危害射撃」をを明確にしたことに、中国外務省は「いかなる挑発行為にも断固対応する」と発言した。  (以上 読売) *************************  中国…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尖閣「不測」の際、米軍は本当に日本を支援するのか?

 何とも頼りないことを言っている。  米国は日本の真の友人なのか?  これでは共産中国が沖縄県の尖閣諸島に仕掛けてきて「不測の事態」が起きても、軍事支援はせず、口頭での抗議や非難、つまり「口先介入」に留めると言っているに等しい。  カービー発言によって共産中国は勇気づけられたのではないか?  安倍政府はトランプの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国は「カービー発言」に勇気づけられたのではないか?

 時事通信によると、米国防総省のカービー報道官は26日、沖縄県・尖閣諸島の主権に関する日本の立場を支持するとした先日の自身の発言について、「修正したい。尖閣諸島の主権をめぐる米政府の方針に変わりはない」と述べた。  カービー氏は国防総省で記者会見し、先日の発言は「誤りであり、混乱を招いた」と謝罪した。その上で「日米安全保障条約第5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機関砲を備えた艦船で沖縄県尖閣諸島を挑発する習近平!

 「危害射撃」を許可? 中国海警局の挑発艦船は機関砲を備えている。それに向かって、拳銃使用がどれほどの効果があるのか?    不測の事態が起きた場合、これで戦えと言うのか? 無茶を言うな!  日本政府は、わが国が置かれている国際環境を真面目に認識すべきだ。ママゴトで国の安全は守れない。 *****************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

挑発艦船の機関砲に拳銃で立ち向かえと言うのか?

 政府は25日の自民党の国防部会・安全保障調査会の合同会議で、沖縄県・尖閣諸島に外国公船から乗員が上陸を強行しようとした場合、海上保安庁が阻止するために「危害射撃」が可能との見解を示した。  中国海警局が尖閣周辺で、領海侵入や日本漁船への接近・追尾を繰り返していることを踏まえ、自民党側が政府に見解を確認した。 (以上毎日新聞) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

インドとの衝突の先に日本があった中国、突如の映像公開!

 今月19日に中国国営テレビCCTVの「7チャンネル」(軍事チャンネル)が、インドとの衝突映像を公開した。  昨年6月15日、中印国境のカラコルム山脈のラダック地方で、中印両軍が衝突し、双方に死者を出した。  血だらけになった様子を映し、戦死した中国兵士を「英雄」と称えた。  インドとの交戦を伝えながら、映像では「イン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1万トンの中国武装艦で沖縄県の尖閣諸島を挑発!

 いつでも砲撃可能な艦船を「公船」と呼ぶ日本の新聞やテレビ。  「公船」と聞くと、誰もが「非武装の船舶」を想像する。  誤解を与えるような表現は改めるべきだ。  私は正確を期すために「艦船」と表現している。 ************************ 元毎日と産経の記者だったジャーナリストの古森義久がこう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砲撃可能な艦船を「公船」と呼ぶ不思議な国、ニッポン!

 2月1日から中国共産党政府が兵器使用を許可したことで中国海警局の艦船による沖縄県の尖閣諸島周辺での挑発が一段とエスカレート。  いつでも砲撃可能な艦船を「公船」と呼ぶ日本の新聞、テレビ。  「公船」と聞くと、誰もが非武装の船舶を想像するのではないか。  誤解を与えるような表現は改めるべきだ。私は正確を期すために「艦船…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米国防総省が中国の日本領海への侵入に停止要求!

 米国防総省のカービー報道官は23日の記者会見で、中国に対し、海警局の公船による沖縄県・尖閣諸島周辺の日本領海への侵入をやめるよう求めた。「誤算を生じさせ、物理的な損害をもたらす恐れがある」と批判した。  カービー氏は中国について「自分たちの利益追求のために、自由で開かれた法に基づく国際秩序を傷つけている」と非難。米国として秩序維…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「国民は今のままで大丈夫だとは思っていない」と外交部会長!

 沖縄県・尖閣諸島の日本領海侵入や香港の民主派弾圧など覇権主義を強める中国に対し、厳しい姿勢で臨むよう政府に求める声が自民党内で強まっている。 時事通信が佐藤正久党外交部会長に現状認識を聞いた。  ―中国海警法が施行され、中国が尖閣実効支配に踏み切る可能性も指摘されている。 佐藤 中国の1992年制定の領海法で、尖閣は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国海警法に対し、日本への「同盟義務を堅持する」と米国!

 米国務省のプライス報道官は19日、外国船舶への武器使用を認めた中国海警法に強い懸念を表明した。  日本とフィリピンに対しては「同盟国としての(履行)義務を堅持する」と強調した。  さらに報道官は、中国海警法を根拠に中国が「東シナ海や南シナ海をめぐる自国の主張を押し通そうと、武力を含む実力行使に踏み切る恐れがある」と警告した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機関砲を搭載した船を誰も「公船」と呼ばない!「軍艦」と言う!

 機関砲を搭載した艦を「公船」とは言わない。軍艦という。  ブリタニカ国際大百科事典によると、軍艦以外の政府が所有するか、もしくは政府の用に供する公的な用途に使用される船舶を指す。  政府など官公庁が供する練習船や測量船、巡視船などがこれに該当する。  機関砲を搭載した艦を「公船」と呼ぶのは正しくない。非武装船舶との誤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

玉城デニー知事が政府に尖閣で「安全確保」を要請!

 沖縄県の尖閣周辺での中国艦船による日本漁船への追尾など脅かしは止む気配がない。地元も漁民たちは「漁が行える状態ではない」と沖縄県知事に訴えた。これを受けて玉城デニー知事は菅政府に「安全確保」を要請した。  完全な主権侵害である。菅政府の口頭による抗議だけでは限界だ。共産中国はそんなものは歯牙にもかけていない。構わず挑発を続ける。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自民議員が日本共産党の談話を「素晴らしい抗議文」と称賛!

 AFP=時事によると、ブリンケン米国務長官は10日、茂木敏充外相との電話会談で、日本の領海への中国船の侵入に対する懸念を表明し、日米が連携して対応していくことを確認した。  12日には日本共産党が委員長・志位和夫名で談話を発表した。中国の海警法について正式に批判した政党は、日本共産党だけ。  自公はじめ立憲民主党など他党は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国艦船の追尾で「安全に漁できる環境ではない」と漁民!

 共同通信によると、15日から沖縄県・尖閣諸島周辺の領海内で操業した漁船が16日夜、石垣島に帰港し、乗船していた仲間均石垣市議(71)は中国海警局の船2隻について「40~50メートルの距離まで近づいてきたこともあった。安全に漁ができる環境ではなかった」と話した。  中国は海警局の武器使用を認める海警法を1日に施行している。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「中国が米国に遠慮しなくなっている」軍備強化で自信?

 今月1日に海警法が成立した中国は沖縄県の尖閣周辺での挑発をエスカレートさせている。機関砲を搭載した艦船が日本漁船を追い回す蛮行を展開。自民党内から「もう看過できない」との怒りの声が上がった。  毎日新聞はいまだに「中国公船」と記載するが不正確な記述である。一般的に「公船」とは、公用に供される練習船や測量船、巡視船などを指すもので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

砲を備えた中国艦船が尖閣で日本漁船を追い回す!

 沖縄県の尖閣諸島の周辺で、今日も「砲を備えた中国艦船」が23時間にわたって日本の領海に侵入。二手に分かれ日本漁船を追い回した。  日本政府が何度、中国共産党政府に抗議しても、相手は一向に意に介さない。  あなたはこの状況をどう考える?   大事なことだ。傍観せずに「自分はこう思う」との意見を聞かせてもらいたい。人ごと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

尖閣、波高し!中国海警局が1万トン級の退役軍艦を再利用!

 沖縄県・尖閣周辺での挑発を強める中国が牙を研ぎ始めた。  周辺海域での武器使用を認め、1万トン級の退役軍艦を改装するなどカモフラージュ。  対するわが海保は丸腰。これで沖縄の海を守ることが出来るのか?  海上自衛隊が漁民保護のために出動すれば、中国は「待ってました」と攻勢をかける腹だ。  そのために今後も執拗な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

屁のツッパリにもならない加藤の「断じて容認できない」!

 加藤勝信官房長官は8日の記者会見で、中国が海警局に武器使用を認める海警法施行後、同局の船が沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に相次いで侵入したことを非難した。「誠に遺憾で、断じて容認できるものではない」と述べた。  現場海域で海上保安庁が退去要求を繰り返したほか、外交ルートで抗議したと説明。「尖閣諸島周辺の警戒監視に万全を期し、中国側に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連中はそれをじっと待っている! 危険な落とし穴!

 懲りない習近平中国は、まだ尖閣周辺の海をウロチョロする。人民解放軍の指揮下にある艦船4隻が挑発を重ねた。そのうち2隻が領海侵犯を犯した。   向こうは大砲を搭載した艦船で接近。日本政府はどうするのか?   うかつに挑発に乗ると、敵に「口実」を与え、思う壺だ。連中はそれをじっと待っている。 **************…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more