スマホで「ワクチン接種証明」にマイナナンバー活用!

 海外ではすでに実施している「ワクチン接種証明」。

 いつまでも緊急事態宣言、延長、解除、宣言を繰り返していてはラチが明かない。

 コロナは2年や3年で撃退できないだろう。人から人へと感染を重ねることで突然変異を起こし新種が登場するからだ。人間とウイルスの知恵比べ。

 自己防衛しながら生きるほかない。

********************

 日経によると、政府は17日、ワクチンの接種情報をオンラインで証明する仕組みを公開した。スマホのアプリ上で申請すれば直ちに発行される接種証明書を年内に使えるようにする。

 政府は10~11月に飲食店の営業時間の延長や、会食やイベントの参加人数の拡大を検討。緊急事態宣言を解除した地域の一部などで、接種を受けた人に限定して会場への入場を認めるような実証実験をする予定だ。

 その時点では接種証明書はないため、確認には「接種済み証」やPCR検査などの「陰性証明」の提示を求める見込みだ。

 こうした実験に使う既存の文書とは別に、公式の接種証明書を国内向けに発行する。原則としてスマホで利用する方針だ。スマホを使わない高齢者らへの対応は検討中で「接種済み証」などを代用してもらう案が出ている。

"スマホで「ワクチン接種証明」にマイナナンバー活用!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。