日本共産党のニセ情報を流したTBSが番組で謝罪!

 TBSのワイド情報番組「ひるおび!」の10日の放送で、レギュラー出演者で弁護士を名乗る八代英輝が日本共産党について「まだ暴力的な革命というのを党の要綱として廃止していない」と発言した。ウワサによると矢代某は自民党の宣伝隊の一員と言われている。

 「事実無言の卑劣なデマ」との日本共産党の抗議でTBSは、13日の番組内でアナウンサーが「日本共産党の綱領にそのようなことは書かれていませんでした。訂正しておわびします」と謝罪した。

 「ひるおび!」はお笑いタレントが司会を務め、スシローこと「タダめし大好き」の卑しい情報屋の田崎史郎や、三流評論家の伊藤惇夫らが常連の低俗なワイドショーである。

 大衆はこれを喜んで観ており、知らない間に洗脳されている。だから自民党の支持が下がらない。

詳しくはここをクリック
https://www.tokyo-np.co.jp/article/130635

"日本共産党のニセ情報を流したTBSが番組で謝罪!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。