野党もマスコミをあっと言わせるウルトラCが必要だ!

 立憲民主党の泉健太政調会長は10日のインターネット番組で、自民党総裁選に出馬を表明した岸田文雄の政策について「立民とほぼ同じ。連立(政権)を組めるのではないかと思う」と語った。河野太郎は「いちばん爆発力を持っている」と述べた。 (以上日経)

********************

 また、くだらんダジャレを言っている。

 そんなヒマなことを言う時間があるなら、自分のふんどしを締め直せ。

 悔しくないのか? あれほど落ち込んでいた自民党が「総裁選」で蘇った。手をこまねいていていいのか立憲民主党?

 止まらない内閣支持率の下落。コロナ対策の失敗が菅自民党を直撃した。総選挙を目の前に頭を抱える自民の議員たち。選挙の顔を変えろと騒ぎだした。

 岸田文雄が役員任期を1期3年までと打ち出した。慌てた菅義偉が」二階に引導を渡した。それでも下落は止まらなかった。

 万策尽きた菅義偉はついに白旗を上げて降参した。9月末の総裁任期を待って退陣する。

 後釜をめぐって、オレもわれもと手を上げた。勝ち馬に乗らんと派閥がうごめき始めた。自分の当落がかかる総選挙を目の前に「今度だけは派閥の言うなりにはならない」と若手が独自の行動を開始。

 自民議員の目の色が変わった。新聞テレビはこの動きを面白おかしく連日トップ扱いで報道。自民党はワイドショーを独占。電波ジャックに成功した。

 コロナはどこかに蹴飛ばされた。こんなバカな話はないが、現実は覆せない。

 立憲民主党をはじめ日本共産党も自民党の批判を繰り返す。だが、毎度おなじみの古新聞の回収と同じことを言っていては、電波ジャックを叩き落すことは出来ない。

 ここは一番、野党もマスコミをあっと言わせるウルトラCが必要だ。知恵を出せ野党!このままでは、燃える勢いの自民党が総選挙になだれ込もう。




 

"野党もマスコミをあっと言わせるウルトラCが必要だ!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。