派閥が総裁選を縛るなと若手ニューリーダー福田達夫!

 自民党の派閥横断の若手国会議員有志による議員連盟「党風一新の会」(代表・福田達夫)は10日、オンラインで設立総会を開催した。

 当選3回以下の90人が入会し、党総裁選候補者と若手の意見交換の場を求める提言をまとめた。近く党執行部に提出する。

 提言は「安定政権が続く中で強引とも取られる政権運営などに批判も聞かれるようになった」との問題意識を示した。

 福田ら若手は会合を重ね、党総裁選では投票先を派閥の方針で決めないことを求めてきた。福田は総会後、記者団に「派閥一任で総裁選の行方を決めないことについては、ほぼ目的を達成できた」と語った。 (以上時事通信)

*******************

 福田はこれまで自分より当選回数の多い小泉進次郎と行動を共にしてきたが、環境相になり小泉進次郎の化けの皮が波が剥がれ、無能者と分かり、距離を置き、独自の行動を始めた。

 その方がいい。バカと付き合っていると感染する恐れがある。

 福田達夫は自民党若手の注目株の1人だ。

"派閥が総裁選を縛るなと若手ニューリーダー福田達夫!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。