コロナは「イータ株」に続き「カッパ株」まで登場!

 世界中に蔓延している新型コロナウイルスは一向に衰える気配はない。これから冬を迎える北半球はさらなる感染爆発に今から対応を検討しておくべきだ。

********************

 共同通信によると、新型コロナの変異株で昨年12月以降、複数の国で報告されている「イータ株」の感染者が、検疫による検査で18人確認されていたことが9日、厚生労働省の集計で分かった。国内でイータ株感染が明らかになるのは初めて。

 集計は厚労省が9月3日までの分をまとめた。イータ株18人のほか、インド由来の「カッパ株」の感染も19人いた。カッパ株は、検疫以外では6月に三重県で発表された感染例がある。

 2つの株はいずれも、世界保健機関(WHO)が「注目すべき変異株」に分類している。

"コロナは「イータ株」に続き「カッパ株」まで登場!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。