まだ寝ぼけている野党に再び熱い思いを込めて「檄」!

 立憲民主党国対委員長の安住淳は6日、記者団に「自民党総裁選に出馬しようとしている人は皆、それぞれ部署部署で大問題を引き起こした人たちだ」と批判した。

 手垢がまみれたこの言葉を聞いて、誰もビックリしない。聞き飽きて何の反応もない。

 そんな批判をするヒマがったら、テレビジャックをして自民党総裁選という「政治ショー」を展開する自民党への対抗作戦を示せ。

 彼らは安倍晋三・菅義偉の自民党政権がコロナ対策に失敗したマイナス・イメージをかき消そうと必死だ。市内には真新しい候補者のポスターが張り巡らされ、衆院選挙はすでに始まっている。

 この勢いで自民党が選挙になだれ込めばどうなるか? またまた自民党の大勝、そんなことを許していいのか?

 もう一度言う。立憲民主党よ、日本共産党よ、社民党よ、聞き飽きた自民党を非難するヒマがあったら、自分たちを売り込む作戦を考えろ! アッと驚く話題を提供してマスコミの顔をこちらに向けさせろ!

 このままでは野党はまた、負ける。 千載一遇の絶好のチャンスを生かせ野党!

"まだ寝ぼけている野党に再び熱い思いを込めて「檄」!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。