相談相手なく「裸の王様」に成り果てた孤独な菅義偉!

 「小選挙区制」という特殊な選挙制度の下で国家権力をほしいままに独裁化を押し進め散々、やりたい放題やったうえで、森友事件や加計疑惑、サクラ疑惑など一連の問題は闇の中。コロナ対策は子分の西村康稔に「丸投げ」した結果、感染拡大を加速した。

 国民から猛烈な非難を浴びた安倍は、官邸官僚の言いなりに466億円の予算で布マスク2枚の通称「アホノマスク」を配り、ご機嫌取りに努めたが、これが怒りに油を注いだ。

 やることなすことがトンチンカンで、ついに打つ手なく、前回同様の「仮病」を使って2度目の政権も投げ出し、自分だけトンズラした。

 安倍晋三と麻生太郎は、目立ち過ぎる二階俊博を嫉妬し、快く思っていない。菅義偉はそんな二階を切ったことで、自民党総裁選で2人の後押しが期待できるとの読みがあったが、見事に外れ、はしごを外された。

 あれだけ菅を支えてきた二階を切ったことで、二階派の中に菅への反感が強まった。唯一の相談相手を失い、安倍・麻生からは距離を置かれ、支える者が誰もいなくなった菅義偉。

 最後は小泉進次郎のような、ナマクラ坊主に頼るほかない誠にみじめな「裸の王様」になった。

 五輪も、コロナも、財政赤字も、菅義偉は食い散らかして敵前逃亡した安倍の「尻ぬぐい」をさせられているわけだ。気の毒にも聞こえるが、好んで自分で手を上げたのだから仕方がない。

 だが、その代償は菅の政治生命を絶つほど大きい。「後悔、後に立たず」である。

******************
日刊ゲンダイが「最後にすがった“知恵袋”は小泉進次郎だったという噴飯もの」と題してこう書いた。

 総裁選先送りで解散総選挙に突っ込もうとした菅義偉の“錯乱”を見た自民党内では、「泥舟から逃げろ」と一気に菅離れが加速、とうとう菅が総裁選不出馬を表明した。首相も任期いっぱいで辞任する。

 そんな中、小泉進次郎が頻繁に菅と会って「助言」していたことが話題だった。一時は「要職」就任が囁かれ、「官房長官」気取りだったのである。

 進次郎が首相官邸で菅と会ったのは、3日で5日連続。当然、毎回、官邸詰めの記者に囲まれ、「時の人」気取り。

 1日には、菅と面会したその足で、安倍晋三の事務所を訪ねるなど、首相の名代のような動きまでしていた。

 「進次郎はいまや、菅総理の『知恵袋』といわれている。細田派・麻生派・二階派が菅支持を一本化できず、『総理は総裁選に出ても、選対がつくれないんじゃないか』というお寒い状況ですが、進次郎が選対本部長を務めるのかもと囁かれていました」(自民党関係者)

 人事刷新で「幹事長」や「官房長官」など当選4回ではあり得ないポストに名前が挙がっていた進次郎だが、官邸日参には、菅首相サイドの思惑も透けていた。

 「水面下で話すこともできるのに、わざわざ表で会ったことを見せつけるのは、意図的なメディア対策。世論にすがるしかない菅は、進次郎との連携をアピールすれば支持率アップにつながると思っていたのでしょう」(政界関係者)

 だが、進次郎にかつての輝きはない。すっかり、メッキが剥がれた人寄せパンダ頼みは、菅の苦境を物語っていた。 

"相談相手なく「裸の王様」に成り果てた孤独な菅義偉!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。