進次郎クン、あんたはエライ! やっぱり、ポエムだ!

おはようございます。9月4日、けさは、ここからスタート。

 菅義偉首相の総裁選不出馬表明を受けて小泉進次郎は3日、「こんなに仕事をした政権 はない。1年間でこんなに結果を出した総理はいない」と涙しながら強調した。
 
 さらに「菅総理じゃなかったらできなかったことは、多かったことは間違いない」と殺到した内外の記者団の前で声を震わせた。
 
 これに驚いた英国ロイター通信は、「小泉氏は悔しいと涙ながら擁護した」と世界に速報した。

 ニューヨーク・タイムスは菅を「歴史的に不人気な在職」と紹介した。

 米国ウォール・ストリート・ジャーナルは「ほとんどの週末も働いてヘマが増えた」と伝えた。

 米ブルームバーグ通信は「五輪後の数週間、日本中で感染が拡大する中、菅氏の支持率は急落していた」と紹介。

 さらに韓国の聯合ニュースは、「記者会見で毎回、質問とかけ離れた答弁を繰り返し、彼の指導力に対する有権者の疑問を大きくした」と批判した。

 ここまで世界に「悪名」をさらした菅義偉を、涙を垂らしてカバウ小泉進次郎に「彼は何者か?」と不思議がった。

 なるほど、パンデミック(世界的感染爆発)のさなかに五輪を強行するなど「菅総理じゃなかったらできなかった」に違いない。

 進次郎クン、あんたはエライ! やっぱり、ポエムだ!

"進次郎クン、あんたはエライ! やっぱり、ポエムだ!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。