不都合な真実!東京五輪の赤字総額2兆4000億円!

 東京オリ・パラの赤字は総額2兆4000億円!政府・都・組織委の「不都合な真実」と題して日刊ゲンダイが報じた。

 こういう大事なことをNHKや一般紙は、私たち納税者に一行も伝えていない。

*********************

 東京五輪によって、我々は巨額の赤字を尻拭いさせられるかもしれない。

 先日、関大名誉教授の宮本勝浩が、東京五輪・パラリンピック開催における支出と収入を計算した結果、

 組織委および、東京都、国の赤字の総額は約2兆3713億円になった。

 東京五輪の予算は、コロナ禍による1年延期も重なり、当初の想定からどんどん膨らんだ。

 国士舘大学非常勤講師でスポーツライターの津田俊樹は以前、日刊ゲンダイでこう言っている。

 「都や政府はお祭り騒ぎの後始末を都民、国民に背負わせるつもりではないか。

 政府は折からのコロナ禍による損失と五輪による損失をごちゃ混ぜにして、東日本大震災の復興増税のように、所得税の増税を強行しても不思議ではない」

 図らずも、日本のコロナ感染者数は、海外から数万人の選手、関係者が来日した五輪開幕前後から増加の一途をたどった。

 巨額の税金を投じてまで五輪をやる価値があったのか?

 五輪の意義が問われるのはもちろんとして、コロナ禍で強行開催した結果、日本が得たのは巨額の負債とコロナの感染爆発なら、都民、国民はとんでもなく高いツケを払わされることになる。

https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/sports/294067

"不都合な真実!東京五輪の赤字総額2兆4000億円!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。