コロナ禍悲惨!感染入院先が見つからず早産児死ぬ!

 コロナ禍で痛ましい「事件」がまた起きた。

 千葉県柏市で新型コロナに感染した30代の妊娠8カ月の女性が、入院先が見つからず自宅で出血、早産し、生まれた赤ちゃんが死亡した。

 女性はコロナに感染して中等症だったが、入院させてもらえず自宅療養者となった。

 これに対し、官房長官の加藤勝信はその後の記者会見で、「政府として必要な支援をしっかりする」と強調した。

 万事が問題が起きてからの「泥なわ」。早産は当然想定できたことだが、何も体制を整えていなかった菅政府。

 緊急事態宣言っていったい何なんだ? 宣言だけ出せば済むと思っていたのか?

 中身はどれもこれも全部、スカスカ。

 あなたの身に何か起きても、日本政府は面倒など見てくれない。覚悟してかかるしかない。

"コロナ禍悲惨!感染入院先が見つからず早産児死ぬ!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。