G7サミットで各国が東京五輪開催を支持した裏事情!

 ロイターによると、訪英中の菅義偉首相は13日、主要7カ国首脳会合(G7サミット)閉幕後に記者団の取材に応じ、各国首脳から東京五輪・パラリンピック開催に賛同を得たと語った。その上で、五輪の成功に決意を新たにしたと述べた。  (以上)

*******************

 G7サミットに出席した菅義偉が五輪で点数を稼いだのは事実だが、各国が東京五輪を支持した裏にはそれぞれの思惑が働いていた。

 東京五輪が中止となった後で来年2月に北京冬季五輪を開けば、習近平は「中国はコロナを克服して五輪を開催した」と必ず世界に大風呂敷を広げて宣伝する。

 それだけは「避けたい」との思いが米国をはじめ各国にあった。フランスは2024年にパリ五輪を予定しているので、支持するのは当然。

 さらに英国は今回のG7主催国としての立場上、反対するわけがない。こんな調子でそれぞれの事情があった。

 菅義偉は「安全安心に万全の態勢で選手たちを迎える」と言った。その東京で、集団感染など選手団に1人でも死者が出たら、状況は一変する。菅義偉はその覚悟が出来ているのか?

"G7サミットで各国が東京五輪開催を支持した裏事情!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。