子ども庁創るなら、若者庁も、老人庁も創れ!

 安倍内閣になってスポーツ庁、復興庁を創り、真似をして菅義偉首相がデジタル庁に続き「子ども庁」の新設をぶち上げた。

 コロナ対応の失敗を覆い隠すのと、目の前の総選挙に向けた明らかなパフォーマンスだ。

 次から次へと役所を新設してどうするのか? 税金の無駄遣い。

******************
元文部次官の前川喜平がツイートした。

その1
こんなの目玉でもなんでもない。新しい役所を作ればいいってもんじゃない。文科省と厚労省が協力すればいいだけ。両省の職員が要らぬ仕事でまた忙殺される。

組織いじりの前にするべきことがある。子育て支援や教育支援の予算を増やし、学校・保育所・児童相談所などの職員の処遇と配置を改善すべきだ。

その2
子ども庁をつくるなら、若者庁もつくれ。老人庁もつくれ。女性庁も男性庁もつくれ。障がい者庁もつくれ。外国人庁もつくれ。性的少数者庁もつくれ。失業者庁もつくれ。ついでに政治家監督庁もつくれ。

****************
小沢一郎がツイートした。

子ども庁。政治腐敗が目立ってきたので、選挙目当てに新しく考えた自民党のくだらない目くらまし。絶望的な発想。

目下、児童手当は所得制限を厳格化し大幅に削減、ヤングケアラーの問題も放置。やっていることは真逆。

役所の焼け太りは許されない。やるべきこともやらないで子ども庁とは、笑止千万。

"子ども庁創るなら、若者庁も、老人庁も創れ!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。