英国BBC報道の前では「小さなアリ」がNHK!

 同じ公共放送でも英国のBBCと日本のNHKではここまで違う。

 権力に媚び、政府広報に徹するNHK。

 対するBBCは世界の人々の民主主義と自由、人権を守るため命がけで報道する毎日だ。

******************
これをご覧いただこう。

 中国西部の新疆ウイグル自治区にある、高度の警備体制が敷かれた収容施設で、中国政府がイスラム教徒のウイグル人を何十万人も組織的に洗脳していることが、流出した文書によって初めて明らかになった。

 イスラム教徒のウイグル人を主体に、100万人近くが裁判を経ずに施設内で拘束されている

 文書には、2017年に新疆ウイグル自治区の共産党副書記で治安当局のトップだった朱海侖氏が、収容施設の責任者らに宛てた9ページの連絡文書も含まれている。

 その連絡文書では、収容施設を高度に警備された刑務所として運営するよう指示。以下の点を命じている。

「絶対に脱走を許すな」
「違反行動には厳しい規律と懲罰で対応せよ」
「悔い改めと自白を促せ」
「中国標準語への矯正学習を最優先せよ」
「生徒が本当に変わるよう励ませ」
「宿舎と教室に監視カメラを張り巡らせて死角がないことを(確実にしろ)」

 文書からは、外国の市民権をもつウイグル人の逮捕や、外国で暮らすウイグル人の追跡に関する明確な指示も読み取れる。

 世界規模で捕獲網を張り巡らせるため、中国の大使館や領事館が役割を果たしていることも暗示している。 (以上 BBC)

詳報はここをクリック
https://www.bbc.com/japanese/50542004

"英国BBC報道の前では「小さなアリ」がNHK!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。