東京五輪の意義を問うNHK特番が突然、放送中止!

 NHKの政治部は別名「官邸対策室」と言われている。時の政府といかにうまくやるか、が最大の仕事だ。これが出来れば出世間違いなしである。

 1月24日に特番「何のため? 今こそ問う 東京五輪」を放送する予定だったが、放映直前になって放送延期、事実上の「中止」となった。五輪開催に夢中の菅義偉政権へのソンタクである。

 仕組んだのは政治部OBのNHK副会長だ。

**********************
週刊新潮が内幕を暴露した。

 「NHKスペシャル」突然の放送延期に局内は騒然となったという。五輪半年前というタイミングで準備されていた番組に“待った”をかけたのはNHKの副会長。なぜ異例の事態に陥ったのか、その理由に官邸への「忖度」が囁かれている。

 1月15日は2日後に控えた収録に向け、キャスターとスタッフの打ち合わせが行われるはずだった。

 NHKスペシャル「令和未来会議 どうする? 何のため? 今こそ問う 東京オリンピック・パラリンピック」の放送予定日は、五輪開会半年前にあたる1月24日だったのだが、

 「午前10時半から打ち合わせ開始のところ、チーフプロデューサーがいつまで経っても現れなかった」と中堅職員。

 「どうなっているのか?と現場。実はその裏で、番組を管轄する放送総局大型企画開発センター幹部と、正籬聡(まさがきさとる)副会長兼放送総局長の会談が行われていた。

 放送延期について話し合われ、当日中に現場に伝えられた。

 別のベテラン職員は言う。「正籬さんは政治部出身で、編成なども含む全放送について責任を負う立場。そのトップが口出しするなんて異例中の異例」

 「経営陣の説明によると、あくまで“コロナで世論の不安が高まる中でタイミングが良くない”という番組サイドの判断だったと主張。しかし、本当にそうだったのか、疑わしい」(同)

 延期決定の直前、共同通信とNHKが実施した五輪開催の是非に関する世論調査では、開催すべきだという声は2割に満たなかった。

 これが影響したのではないか、とこの職員は続ける。

 「番組では感染症の教授や社会学者、オーディエンスとして97人の大学生も収録に参加し、討論する予定でした。

 五輪をやるべきでないという意見が多く表明されれば、どうしても開催したい官邸や組織委員会の不興を買うことになる。

 結果、官邸や組織委に忖度して正籬さんが番組を延期した、と囁かれている」

"東京五輪の意義を問うNHK特番が突然、放送中止!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。