性的暴行を証言したウイグル女性を「うそつき」と非難!

 共同通信によると、中国外務省報道官の汪文斌は23日の定例記者会見で、新疆ウイグル自治区の収容施設での性的暴行を証言した少数民族ウイグル族の女性の写真を手に「うそつき」と非難した。

 証言を報じた英国BBC放送についても「多くのデマをまき散らしてきた」と批判。欧米などは人権抑圧の調査を求めるが、中国は猛反発している。

 汪文斌は、女性は「米国で(反中)勢力の訓練を受けた後に説明を変えた」「中国を中傷し攻撃するための役者にすぎない」などと主張した。 (以上)

*********************

 必死にプロパガンダ(政治的な宣伝)に努めるが、そこまで言うなら、ウイグル自治区の収容所を外国記者に公開すべきだ。自由に取材させるがいい。そうすれば真実が知れよう。

 なぜ、取材させないのか? 

 「百の言い訳より一つの事実」である。 真実は隠せない。

 声を荒げて、プロパガンダを叫べば叫ぶほど、中国共産党への弾圧疑惑は深まるばかり。

"性的暴行を証言したウイグル女性を「うそつき」と非難!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。