「火中の栗を拾ってもらった」と無責任発言の安倍晋三!

 東京オリンピック・パラリンピック大会組織委員会の新しい会長に橋本聖子が就任したことについて、「火中の栗を拾っていただくことになったが、女性活躍のシンボルでもあるので頑張ってもらいたい」と安倍晋三。責任回避の無責任発言。

 フザケタことを言う。よくこんなことが言えたものだ。

 自責の念も、責任感も、恥の概念も、何もない無教養で厚かましく、強欲だけの卑しい人間。それが安倍晋三である。

 今の混乱、もとはと言えば安倍のウソから始まった。

 東電福島の原発の放射能汚染水について「アンダーコントロール」されていると世界中に向かってウソをついた。東京への五輪誘致の際の発言である。

 森友事件や加計疑惑など散々、問題をまき散らしておいて、自分はコロナ対策で大失態を演じ、「モー辞めた」とヘドロを残して退散。

 安倍晋三だけは絶対に許せない。許してはいけない。

"「火中の栗を拾ってもらった」と無責任発言の安倍晋三!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。