1年で4割増!好調なNYタイムズ電子版!

 共同通信によると、米国の新聞、ニューヨーク・タイムズは4日、デジタルと紙媒体の有料契約者の合計が2020年12月末時点で、752万3000人となったと発表した。1年前と比べて4割増えた。新聞電子版の強化などデジタル戦略が一段と進展した。

 同社は19年2月、有料契約者を18年末時点の約430万人から25年までに1000万人以上に増やす目標を発表。成長戦略として、紙媒体や広告収入への依存から脱却し「デジタルとサブスクリプション(定期購読)を優先する企業への転換」を掲げている。 (以上)

************************

 こんな記事を書きながら共同通信は「加盟社、加盟社」と新聞社の方しか顔が向いていない。電子版は時事通信やNHKに圧倒的に出遅れている。

 共同の関係者に聞くと「速報でも負けていない」と胸を張る。しかし、加盟社にフラッシュ・ニュースを届けても、電子版に届いていなければ十分とは言えない。

 紙の読者は減る一方だ。だからニューヨークタイムズのように米国では電子版に力点を移している。情報の問屋である通信社も電子版を重視しないで成長はない。

 電子版時代に対応するには、優秀なスタッフが欠かせない。どうも共同は、これまで電子版を軽視していたように思われる。

 二線級、三戦級に電子版を任せているから、見出しもお粗末になる。そのまま使えないので共同の記事を転載する場合は、その都度、分かり易く書き変える。

 一線級を揃えたならば、共同電子版は、今と比較にならないほどの注目を集めよう。

"1年で4割増!好調なNYタイムズ電子版!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。