電通に続き物流大手の日本通運も本社ビル売却!

 物流大手の日本通運(東京・汐留)が、本社ビルの売却を検討している。東京都心では、電通グループも汐留の本社ビルを売却するなど大手企業が自社ビルを手放す動きが相次ぐ。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う経営環境の変化を受け、財務基盤の強化を急ぐ企業の間で今後も広がりそうだ。

 日通本社は地上28階建て、高さ約136メートルの高層ビルで、2003年に完成。拠点集約を進めるため、東京都千代田区に新本社を建設しており、9月以降に移転する。

 関係者によると、売却額は1000億円を超える可能性があり、投資ファンドなどが関心を示している。

 エンターテインメント大手のエイベックスは、東京・南青山の本社ビルを700億円以上で売却すると発表。アパレル大手の三陽商会も昨年、東京・銀座の旗艦ビルを売却した。

 各社ともコロナ感染拡大で業績が悪化し、決断した。  (以上 日経)

"電通に続き物流大手の日本通運も本社ビル売却!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。