恐い中国、犯罪事実不明で日本人2人スパイで実刑判決!

 中国でスパイ罪などに問われた日本人2人が1審の実刑判決を不服として上訴した訴訟の判決公判が昨年に北京でそれぞれ開かれ、2件とも棄却されたことが12日分かり、懲役刑が確定した。

 棄却されたのは2019年に懲役6年の判決を受けた日中青年交流協会の鈴木英司理事長と、18年に懲役12年を言い渡された札幌市の男性。

 どのような行為が罪に問われたかや、上訴審判決の詳細な時期は不明。

 鈴木氏は16年、シンポジウム開催の打ち合わせで北京を訪れた際に拘束された。札幌市の男性は15年に拘束された。コンサルタントとして日中間を往来していたとの情報がある。

 中国は外国人を厳しく監視している。15年以降にスパイ行為に関わったなどとして、これまでに日本人15人の拘束が判明。うち今回の2人を含め、少なくとも9人が起訴され、懲役3~15年の実刑判決が確定した。  (以上 共同通信)

***********************

 どのような行為が罪に問われたか、については一切明らかにせず、スパイの嫌疑をかけられ監獄暮らしを宣告。

 こんな理不尽なことがあっていいのか? これが共産国家のやり方だ。独裁は何でもできる。だれも反対できないからだ。

 誰でもいいから捕まえて「見せしめ」にする。時々、こうして「オカミ(中国共産党)に逆らえばどんな目に遭うか見せてやろう」と恫喝。気の毒に2人は生贄となった。

 日本人は共産国家には立ち寄らないほうが身のためだ。身に覚えのないことで突然、逮捕される。どんな目に遭うか知れたものではない。

"恐い中国、犯罪事実不明で日本人2人スパイで実刑判決!" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。