やはり石破茂は「頭領の器」ではない!

 石破茂と言う人は、やはり「頭領の器」ではないと改めて感じた。サクラ疑惑の「桜を見る会」前夜祭問題で野党が安倍晋三の国会招致を求めていることを記者団に聞かれ、次のようの応えた。

 「安倍前総理ご自身が賢明な判断をなさるし、それが長い間総理を務められた方の誇りでもあり、見識でもあるかなと思うが、どういう判断をされるかについて私があれこれ申し上げるべきことではない」

 なんともまあ、かったるい物言いだ。野田聖子は29日のNHKの番組に生出演し、「安倍晋三氏は自らの言葉で説明責任果たすべきだ」と明確に言った。

 大事な懸案について石破茂は常に「遠回し」な物言いをする。腰が引けているのだ。これではとても自民党総裁など無理だ。岸田文雄も似たようなタイプだ。

 これに対して山本太郎や河野太郎はストレートな物言いをする。自分の発言に自信を持っているからだろう。

 周りをキョロキョロ見ながら話すようではトップリーダーにはなれない。

 

"やはり石破茂は「頭領の器」ではない!" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。